減災復興政策研究科

減災復興政策研究科

兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科の設置について

兵庫県立大学では、阪神・淡路大震災の経験と教訓、20年以上に及ぶ復興の知見等を生かし、減災社会や復興に貢献する専門人材の育成を目指す「減災復興政策研究科(修士課程)」を平成29年4月に開設する予定です。

新研究科の概要

名称
兵庫県立大学大学院 減災復興政策研究科 減災復興政策専攻(修士課程)
入学定員
1学年12名
修業年限
2年
研究科長
室﨑 益輝 教授
設置場所
人と防災未来センター 東館内
教育研究内容
減災復興アセスメント領域(自然災害史、生活環境アセスメント、防災情報等)、減災復興コミュニケーション領域(社会心理、防災教育、災害ボランティア等)、減災復興マネジメント領域(災害対応マネジメント、コミュニティ防災、地域産業復興政策等)、減災復興ガバナンス領域(自治体防災行政、被災者支援政策、国際防災協力等)の人文、社会科学分野に重点を置いた4つの領域を教育研究の柱とし、災害に強い社会づくりの中核となる人材を育成していきます。
減災復興政策研究科の概要
Q&A
研究生の募集

本研究科では、特定の事項の研究を希望する者を研究生として受け入れます。出願を希望される場合は、募集要項をダウンロードし、3月10日(金曜日)までに出願してください。

なお、研究生の制度の詳細については、兵庫県立大学研究生規程をご覧下さい。

減災復興政策研究科案内パンフレット

ページ先頭へ戻る