看護学研究科 看護学専攻 公式サイトへ

看護学研究科

教育理念

看護学研究科における看護学専攻は、人間の尊厳を基幹とし、保健医療福祉環境の変化に斬新的、創造的かつ先駆的に、対応できる専門的知識と技術をもった人材を育成し、実践と研究を通して看護学の発展に寄与しています。

共同災害看護学専攻は、人間の安全保障を共通理念とし、参画する大学院がそれぞれ蓄積してきた資源を共有して、日本や世界で求められている災害看護に関する多くの課題に的確に対応・解決できる看護職者を育成します。さらに、学際的・国際的指導力を発揮し、人々の健康社会構築と安全・安心・自立に寄与する世界的リーダーを養成します。

学部長メッセージ

看護学研究科長 工藤 美子

社会構造の変化や様々な技術革新は人々の生活や健康に影響し,地球環境破壊などによる衝撃も計り知れず,私たちはかつてない健康課題に直面しています。この課題に対応するには,優れた専門的知識と高度な技術をもって人と社会の健康を支援でき,新たなケアモデルを創造できる看護の実践者や教育・研究者の育成が不可欠です。

本研究科は,看護学専攻と共同災害看護学専攻を設けています。看護学専攻の博士前期課程は、16領域からなる研究コース,専門看護師教育課程の認定を受けている高度実践看護コース,実践の場を変革する次世代看護リーダーコースがあり,社会の多様なニーズに応えています。

博士後期課程は14専門領域を設置し,学識ある自立した研究者を育てています。

共同災害看護学専攻は5つの国公私立の大学院が一丸となって, 5年一貫のカリキュラムにより災害に纏わる様々な課題に立ち向かえるグローバルリーダーを育成しています。

本研究科のカリキュラムを受講して,健康社会の構築と人々の安全・安心・自立に寄与できる看護実践者や教育・研究者を目指しませんか。

看護学研究科 工藤 美子

学生定員

看護学専攻
博士前期課程50名(1学年25名)
博士後期課程12名(1学年4名)

共同災害看護学専攻
5年一貫制博士課程10名(1学年2名)
5大学50名(5大学1学年10名)

教育研究内容

看護学研究科 教育研究内容(大学院 看護学研究科概要) 看護学研究科 教育研究内容(キャリアパスにおける大学院のイメージ)

看護学研究科 看護学専攻 共同災害看護学専攻

兵庫県立大学 看護学研究科 看護学専攻 共同災害看護学専攻のさらに詳しい情報をお求めの方は、以下のボタンより公式サイトへアクセスしてください。

看護学研究科公式サイトはこちら
   
ページ先頭へ戻る