経営学研究科博士後期課程 経営学専攻 公式サイトへ

経営学研究科

教育理念

21世紀は高度知識社会の時代といわれています。高度知識社会では、活用して価値を生み出す「専門知識」が重要視されています。 経営資源を活用し富を生み出す「知識」が経済成長のエンジンとなり、「知識」そのものを作り出す「人材」が価値創造を担うのです。
そのため「知的プロフェッショナル」による知識の深化と高度専門知識の更新が欠かせないものとなり、高度専門教育の機会が重要になってくるでしょう。
本研究科では、「知的人材」の育成を柱に、神戸商科大学時代からの伝統である「少数精鋭」の教育方針を継承し、社会人も積極的に受け入れ、研究者及び教育者を育成しています。

研究科長メッセージ

経営学研究科長 山口 隆英

経営学研究科では、経営学、会計学、商学(経営法学を含む)、経営科学等の各分野の研究者養成を目指しています。本課程のモットーは「少数精鋭主義」であり、ポリシーとして「手間暇をかけた人材育成」を掲げています。

経営グローバル化、企業の活性化、IoTのマネジメントへの活用、地域の再生、社会的責任や倫理問題、地球環境問題など様々な解決しなければならない課題や社会的要請に対して自らの問題意識を持ち、オリジナリティの高い研究をしていこうという志のある人の入学を期待しています。

様々な経営事象を理論的かつ実証的に研究し、経営概念に基づいた議論ができるように様々な研究科目を開講しています。

経営学研究科長 山口隆英

学生定員

経営学専攻
博士後期課程 18名(1学年6名)

 

教育研究内容

教育研究内容

経営学研究科博士後期課程 経営学専攻

兵庫県立大学 経営学研究科博士後期課程 経営学専攻のさらに詳しい情報をお求めの方は、以下のボタンより公式サイトへアクセスしてください。

経営学研究科博士後期課程経営学専攻公式サイトはこちら
ページ先頭へ戻る