経済学研究科 経済学専攻・地域公共政策専攻 公式サイトへ

経済学研究科

教育理念

本研究科は、経済学の分野で創造的・独創的研究を推進し、先駆的な情報を発信するとともに、経済学の高度な専門知識の深奥を極め、かつ関連する専門領域を横断した学際性を備えた研究者・高度専門家を育成することを目的とします。
博士前期課程では、幅広くかつ深い学識の涵養を行い、高い研究能力またはこれに加えて卓越した専門能力を有した人材を育成し、後期課程においては、研究者・高度専門家として、国際的に通用する専門知識・能力をもつ人材を育成します。
なお、標準修業年限より長く履修せざるを得ない方の授業料負担を軽減する長期履修制度が平成17年度に導入され、利用されています。

学部長メッセージ

経済学研究科長 草薙 真一

社会が経済学に求める役割はますます大きくなっています。
本研究科は、博士前期課程と後期課程を設置し、伝統的に大学教員などの研究者(博士)の養成を主要な役割としてきました。

しかし経済学は大学だけのものではありません。社会の現場で、経済学の専門知識を生かせる人材の育成も本研究科のねらいとするところです。

本研究科には「経済学専攻」に加えて、社会人も受講可能な、平日夜間と土曜日に開講する「地域公共政策専攻」があります。
幅広い科目を最先端の内容で提供し、マンツーマンの研究指導体制を維持しています。

経済学研究科長 草薙 真一

学生定員

経済学専攻
博士前期課程 20名(1学年10名)
博士後期課程 15名(1学年5名)

地域公共政策専攻
博士前期課程 20名(1学年10名)

教育研究内容

教育研究内容

経済学研究科 経済学専攻・地域公共政策専攻

兵庫県立大学 経済学研究科 経済学専攻・地域公共政策専攻のさらに詳しい情報をお求めの方は、以下のボタンより公式サイトへアクセスしてください。

経済学研究科公式サイトはこちら
ページ先頭へ戻る