物質理学研究科 物質科学専攻 公式サイトへ

物質理学研究科

教育理念

物質理学研究科は、数学、物理学、化学などの一般的な科学の分類にとらわれず、物質科学という名称の専攻を設けました。 この名の通りの学際的な組織とカリキュラムを実現し、境界領域においても実力が発揮できる研究者と技術者の育成を目指しています。
原子や分子など物質の微視的構造に基づく高度な教育研究を行うため、従来の学問分野とは異なる4つの大講座を設置し、それぞれに属する教員が互いに密接に連携し、物性発現の解明や物性の制御、新物質の設計、創製などに関する教育や研究を行っています。

研究科長メッセージ

物質理学研究科長 赤浜 裕一

近年の著しい物質科学の進歩により、新たな特性や機能を持つ物質が次々と創成・発見され、私たちの生活を豊かにしています。
物質科学の発展は、その基礎となる現象、すなわち物質の性質発現をその構成要素である分子・原子・電子の挙動の理解なくして成り立ちません。

物質理学研究科の目標は、物質の性質、いわゆる物性を微視的な見地から理解して、物質科学でも進展が期待さる境界領域において実力の発揮できる研究者と技術者を育成することです。そこで当研究科では、従来の数学、物理学、化学などの一般的分類にとらわれない学際的な組織とカリキュラムを実現して、物質科学という幅の広い視点から教育と研究活動を展開しています。

また、当研究科は、多重極限物質科学研究センター、フロンティア機能物質創製センター、Cat-on-cat新規表面反応研究センターの3センターを基軸に、大型放射光施設(SPring-8)やスーパーコンピュータ京等の最先端技術を利用して、世界トップレベルの研究を推進できる先端理学研究拠点を形成しています。

若い皆さんが、この充実した教育研究環境の中で、新奇な物性の解明や未知の現象そして新しい機能性物質の探索にチャレンジされることを期待しています。

物質理学研究科 赤浜裕一

学生定員

物質科学専攻
博士前期課程 64名(1学年32名)
博士後期課程 33名(1学年11名)

 

教育研究内容

教育研究内容

物質理学研究科 物質科学専攻

兵庫県立大学 物質理学研究科 物質科学専攻のさらに詳しい情報をお求めの方は、以下のボタンより公式サイトへアクセスしてください。

物質理学研究科公式サイトはこちら
ページ先頭へ戻る