物質理学研究科 物質科学専攻 公式サイトへ

物質理学研究科

教育理念

物質理学研究科は、数学、物理学、化学などの一般的な科学の分類にとらわれず、物質科学という名称の専攻を設けました。 この名の通りの学際的な組織とカリキュラムを実現し、境界領域においても実力が発揮できる研究者と技術者の育成を目指しています。

原子や分子など物質の微視的構造に基づく高度な教育研究を行うため、従来の学問分野とは異なる4つの大講座を設置し、それぞれに属する教員が互いに密接に連携し、物性発現の解明や物性の制御、新物質の設計、創製などに関する教育や研究を行っています。

研究科長メッセージ

物質理学研究科長 赤浜 裕一

物質科学科および大学院物質理学研究科では、数学、物理学、化学などの従来の分野の枠組みを超えて物質科学というキーワードで包括される研究分野を担う人材を育成するために、実験実習を重視した学際的なカリキュラムで教育を行っております。

特に物質理学研究科の大学院生は、物質の創成、並びにその物性の発現に関して異なったアプローチを行う、4つの研究部門のいずれかに属して研究を行うことになりますが、その際には研究内容に応じて、兵庫県内にある大型放射光施設(SPring-8)、X線自由電子レーザー施設(SACLA)、スーパーコンピュータ施設(京)、西はりま天文台(なゆた望遠鏡)などの世界でも最先端にある研究施設を利用することが可能です。

さらに本研究科では、先端理学研究拠点の形成を目指して、多重極限物質科学研究センター、フロンティア機能物質創製センター、Cat-on-cat新規表面反応研究センターの3センターを設置しておりますので、トップレベルの研究に触れることも可能です。このように、学部学生、及び大学院生は恵まれた教育研究環境の中で、物質科学の幅広い知識と、分野の枠組みにとらわれない柔軟な思考を身につけておりますので、社会における様々な場面で必要とされる能力を有していると期待しております。本理学部卒業生および大学院物質理学研究科修了生に活躍の機会をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

物質理学研究科 赤浜裕一

学生定員

物質科学専攻

博士前期課程 64名(1学年32名)

博士後期課程 33名(1学年11名)

教育研究内容

教育研究内容

物質理学研究科 物質科学専攻

兵庫県立大学 物質理学研究科 物質科学専攻のさらに詳しい情報をお求めの方は、以下のボタンより公式サイトへアクセスしてください。

物質理学研究科公式サイトはこちら
   
ページ先頭へ戻る