生命理学研究科 生命科学専攻 公式サイトへ

生命理学研究科

教育理念

基礎科学の立場から、細胞・分子・原子レベルの生命科学を推進し、そこに学生諸君に主体的に参加してもらうことによって人材育成を行います。 そのため、理化学研究所放射光科学総合研究センターなどの研究施設と緊密に連携し、最先端の研究を展開しています。
生命科学専攻では高度の専門知識と専門能力を身につけた研究者や技術者を養成します。
またピコバイオロジー専攻では、生命科学の優れた研究実績と研究能力に加えて、確固たる価値観や広範な俯瞰力を身につけ、社会の幅広い分野でリーダーとして活躍する人材の養成を目指しています。

研究科長メッセージ

生命理学研究科長 阪口雅郎

「いのち」とはなんだろう? このことを極めたくて私はこの世界にとびこみました。「生きている」とはどういうことでしょう?無生物とはどう違うのでしょうか。私たち生きているものも、生きていないものと同じ物理・化学の法則に従っています。では、なにが違うのか? 私たちは、これらを、細胞レベル、さらには分子・原子のレベルで理解しようとしています。

本研究科は、文部科学省の「21世紀COE」に採択され、続く「グローバルCOE」に加わり、さらに続いて平成23年には「博士課程教育リーディングプログラム」に採択されました。これを機に、5年一貫制大学院の博士課程ピコバイオロジー専攻を開設しました。また、隣接のSPring-8やSACLAなどとも密な連携をとり、格段に優れた教育研究環境を有しています。

いのちの仕組みを知れば知るほど、その巧妙さに驚かされます。その解明は、多様な応用分野につながり、さらには燃料電池など予想外の産業とも関連しつつあります。一緒に、いのちの不思議解明にチャレンジしましょう。

生命理学研究科長 阪口雅郎

学生定員

生命科学専攻
博士前期課程 34名(1学年17名)
博士後期課程 9名(1学年3名)

ピコバイオロジー専攻
5年一貫制博士課程 46名(1学年8名、3年次編入2名)

教育研究内容

教育研究内容

生命理学研究科 生命科学専攻 ピコバイオロジー専攻

兵庫県立大学 生命理学研究科 生命科学専攻 ピコバイオロジー専攻のさらに詳しい情報をお求めの方は、以下のボタンより公式サイトへアクセスしてください。

生命理学研究科公式サイトはこちら
ページ先頭へ戻る