地域ケア開発研究所 公式サイトへ

平常時も災害時も、安心・安全を基盤とした健康社会を創造します

本研究所は、「社会のニーズに応え、地域の特性にあわせた看護ケアシステム等の構築・開発の研究を進め、その成果を広く社会に提案し、人々の命と暮らしをサポートすること」を目的に、2004年12月わが国初の看護学の実践研究拠点として開所いたしました。開所以来一貫して、人々が健康に、そして安心・安全に生活できる社会を目指し、人々の健康を守り地域での生活を支えるケアやケア提供のための仕組みづくりに関する研究に取り組んでいます。

本研究所には、地域ケア実践研究部門、広域ケア開発研究部門、周産期ケア研究部門の3部門があります。地域ケア実践研究部門は、地域で暮らす人々が抱えるさまざまな健康問題に対して「まちの保健室」などの実践的活動を通した研究に取り組んでいます。広域ケア実践研究部門は、災害看護と国際地域看護を中心に世界規模での健康課題に関連する研究を推進しています。周産期ケア研究部門は、兵庫県立尼崎医療センター内に本研究所の一部門として設置した周産期ケア研究センターを活動拠点として、質の高いケア提供にむけた助産・看護ケア方法の開発と周産期ケアに関わる看護職等の育成に取り組んでいます。これら各部門の研究活動は、研究所の教職員に加え兵庫県立大学看護学部・看護学研究科の教員や学生等、さらには地域の看護職等と連携しながら行っています。

グローバル化や少子高齢化といった社会環境の変化、地球規模の気候変動や環境変化により、人々の生活や健康課題は多様化しヘルスケアのパラダイムも大きく変化しています。本研究所は、看護学の研究所として、人々の健康を守り暮らしを支えるケアを探究し、安心・安全な社会の形成に向けた具体的方略を発信していきたいと考えています。

所長 増野園惠
災害看護

災害看護

当研究所は世界保健機関(WHO)から『災害健康危機管理WHO協力センター』としても認証されており、看護学の立場から、地域・国・世界レベルでの災害への備え・対応について研究・発信しています。また、看護学研究科共同災害看護学専攻(DNGL)大学院生らと共に「1.17ひょうご安全の日のつどい」などに参加して災害への備え等の啓蒙活動を行ったり、東日本大震災や熊本地震等の被災地での健康相談・支援活動も継続しています。

まちの保健室

まちの保健室/国際まちの保健室

兵庫県看護協会東播支部と連携した活動として毎月第1金曜日午後にボランティア看護師が住民の方々を対象とした看護相談や健康チェックを行う「まちの保健室」を開催しています。また、看護学部教員らによる「専門まちの保健室」も予約制で月1~2回実施しています。その他、日本在住の外国人が抱える異文化適応の障壁を緩和し、健康測定や看護相談を提供する「国際まちの保健室」も開催しています。

周産期ケア研究センター

周産期ケア研究センター

2015年に本研究所の3番目の部門として「周産期ケア研究部門」ができました。兵庫県立尼崎医療センター内に設置した『周産期ケア研究センター』を拠点に、助産・子育て支援等に関する研究と事業、および看護職等への継続教育事業に取り組んでいます。

地域ケア開発研究所

兵庫県立大学 地域ケア開発研究所のさらに詳しい情報をお求めの方は、以下のボタンより地域ケア開発研究所公式サイトへアクセスしてください。

政策科学研究所公式サイトはこちら
ページ先頭へ戻る