Episode 1 大学生活の始まり

関西で経済学を学びたい。環境と利便性が決め手に!

もともと経済や金融に興味があり経済学部を志望。関西には父の転勤の都合で以前住んだ事もあり、親しみもあったので、関西で経済学を学びたいと思って大学を探していました。

経済学に興味を持ったのは、父が銀行員で、子供の頃は親が何を仕事にしているのか理解できなかったのですが、中学になって初めていろいろ話を聴いた時に興味を持ったのが始まりです。

歴史ある神戸商科大学を前身とした兵庫県立大学は経済学を深く学ぶ環境が整っていて、大阪や神戸といった都市部に近く利便性の高い場所にあります。企業の説明会がよく開かれる大阪、神戸にも近く、就職活動でも有利。関西方面のいろいろな街の活力を身近に感じながら大学生活を送れることがとても魅力的です。

落ち着いた環境で、しっかり学べます。

最初、漠然とした「大学生」のイメージしか持ってなかったので、それこそテレビのドラマなんかで見る華やかにデフォルメされた雰囲気を想像していましたが、実際大学生になってみると、自分も含めてみんな結構おとなしく落ち着いています。入学時には、「これから4年間かけて将来自分がやりたいことにしっかりと向き合っていくんだ。」って思いました。

県大で学ぶ経済学は、ただお金の事だけを考えるのではなくて、社会全体を歴史学、社会学、環境学など様々な方向からアプローチして多面的に学んでいきます。

大学で学ぶ日々は、獲得する知識に興奮したり、驚いたり。幅広い分野の知識を学びながら、広がる可能性の中で、自分の将来像をだんだんと具体的にしていきたいと思っています。

Episode 2 キャンパスライフ

キャンパスライフを全力で満喫しています。

学生生活では、学園祭の実行委員会、生協企画実行委員会、学生会、学内オリエンテーション委員会といった学校を盛り上げるために存在している団体に多く所属して活動。充実したキャンパスライフを楽しく積極的に送っています。

大学で行われるイベントのほとんどにはかかわっていて、たくさんの友達と先輩や後輩と一緒に、大学生活が実り多き豊かなものとなるように、みんなで協力して快適に楽しく過ごす環境作りに取り組んでいます。

学園祭など、自分たちで作り上げたイベントに来てくれた人たちが笑顔になってくれたり、感謝の言葉をもらったりするのはとても嬉しい体験で、毎年大きくなる期待と達成感に喜びを感じています。

「プロフェッショナルへの道」を感じる授業。

今まで受けた授業で印象に残ってるのは、吉田教授の「金融論」です。もともと全国銀行協会に勤めていらっしゃった吉田教授のお話は、今まで全く知らなかった世界のお話ばかりで、経済と金融の世界にさらに深く興味を持つきっかけとなりました。

高校でも政治や経済の授業はありましたが、大学で学んでみると、高校でやったのは、あくまでも全体の流れをつかむための「概要」であり「入口」に過ぎないのだなという感覚でした。

プロのノウハウや解決のための発想法、専門性の高い用語など、学んだことひとつひつに興味を持って調べていきたいと思いました。

Episode 3 TRY! STORY

人生の「目的」を達成し「財産」を得る。

人生の目的は自分を鍛えて作り上げていく事だと思っているので、長期的な挑戦の課題は、自分にしかなれない自分を作ること。

そして、人生の財産は「人と人とのつながり」だと思うので、より良い関係をたくさん築くことができるよう、先ずは大学の学生はもちろん、教授や大学関係者にも顔と名前を覚えてもらえるような活動をしていくことです。

それと、近々の課題だと、大学のことを誰よりも詳しくなることです。いろいろな人に頼りにされ、また望まれたことに応えてあげられる自分でありたいと思っています。

学園祭。みんな本気だから本当に楽しい。

大学生活でTRYし続けたのは、なんといっても学園祭の実行委員会です。実行委員会は1回生の4月に、友達と「一緒になにかしよう」となり、新歓をいろいろと回って決めました。

ミーティングで自分のやりたい事を発言する所から始まり、段取りやリハーサルを繰り返して、学園祭を作りあげる。この達成感はクセになります。

学園祭の醍醐味は、なんといっても学園祭の前3週間、月~金の間、大学に泊まり込んでおこなう「大合宿」です。当然授業も全て受けながら、準備も食事もみんなでこなして、ミーティングとリハーサルを繰り返しながら本番へ向ってめちゃくちゃ盛りあがっていくんです。

卒業の年には実行委員長をするので、大学生活の集大成となるよう精一杯頑張りたいと思っています。

Episode 4 未来へ向かって

金融関係の企業で活躍するのが夢です。

大学の次は金融関係の企業に就職して、そこでまた目標を見つけて達成感を積み重ねていきたいと思っています。

中学校の時に銀行勤めの父に仕事の話を聴いてから興味を持ち始めた金融関係の仕事は、表面はお金の損や得が目立って見える世界ですが、その中身はお金のことだけではなくて、もっと本来の「人の幸せ」に関わっていく仕事なんだと、経済学を学ぶうち確信するようになりました。

目に見える数字やお金、資産価値のある品物も当然大切で、自分も高層マンションとかに住んで、好きな趣味のものに囲まれて暮らしたいなとも思いますが、まずは足元をしっかりさせて一歩一歩着実に踏み出していきたいと考えています。

未来がどんな方向に展開するのかは、まだまだ可能性の中の想像で、具体的なことは絞りきれておらず、いろいろな選択肢を挙げて思案中ですが、いずれにしても、人生の中で巡り会えた人たちに公私共に頼りにされるようなプロフェッショナルとして成長していきたい。

自分が人生で関わる人達に笑顔や喜びが増えていくような、そんな「未来の自分」でありたいと思います。

やる気と熱意があれば、どんなことにも挑戦できる!

志望校選びは「自分のしたい事」で選ぶと間違いはありません。想像と違う部分は自分が動けばどうにかなる環境にあるはずです。なので、雰囲気やブランドネームで選ぶのはあまりお勧めしないでおきます。進学が決まった先が自分の進む道、それがすべてです。受験は色々プレッシャーもあると思いますが、多くの人が通る道です。楽しいキャンパスライフが待っていると思って気負いし過ぎずにいきましょう。兵庫県立大学はフレンドリーで、楽しく前向きな雰囲気に溢れる場所。あらゆる「やる気」に応えてくれる大学だと思います。

その他の県大生TRY! STORY

あなたは県大で何を学び、どんなことに“TRY!”したいですか?
大学は入ることが目的ではなく、大学で何を学び成し遂げたいかが重要です。
それぞれに目的や志をもった先輩学生の「TRY STORY!」は、夢を叶える「学び」の物語。

経済学部 山中 亮さん

経済学部 国際経済学科
山中 亮さん

経営学部 京円 志保さん

経営学部 事業創造学科
京円 志保さん

工学部 花房 令子さん

工学部 電子情報電子工学科
花房 令子さん

理学部 青柳 祐大さん

理学部 生命科学科
青柳 祐大さん

環境人間学部 樫本 千尋さん

環境人間学部 環境人間学科
樫本 千尋さん

看護学部 山田 洋さん

看護学部 看護学科
山田 洋さん

ページ先頭へ戻る