看護学部 岡崎 大貴さん

Episode 1 大学生活の始まり

原点は高校時代に抱いた看護師への憧れ。

看護師になりたいと思ったのは、高校生の時です。母が病院に勤めているのですが、同じ職場にいる男性看護師と話しているうちに看護師という職業に憧れたのがきっかけです。

看護学部のある大学を探すなかで、自分には兵庫県立大学が一番合っていると思うようになりました。まずは、総合大学であることです。看護専門の大学より他学部もある総合大学の方が幅広い知識を身につけられると思ったのです。

また、できるだけ良い環境で看護の勉強がしたい、英語の力も伸ばしたいという思いにも県立大はぴったりでした。

勉強はハード。でも、その分成長できる。

入学してすぐは、高校生の時に描いていたキャンパスライフとは違うと感じることもよくありました。最初から結構、勉強がハードだったのです。

でも、その分成長できるとも思いました。せっかく看護師を目指すのだから、しっかり学ぼうという気持ちにもなりました。命に関わる仕事につこうとしているのだから勉強が大変なのは当然のことなのです。

男子の数は少ないですが、困ることは何もありませんでした。少ない男子同士仲良くしていますし、女子もとくに意識することなく同級生として接してくれます。みんなで一緒に頑張っていこうという雰囲気があふれているのもこの大学のいいところだと思います。

Episode 2 キャンパスライフ

小児病棟での実習で看護の力を実感。

とくに印象に残っている授業に、3回生の時の「小児看護実習」があります。小児科病棟で2週間にわたって実習するのですが、担当した患者さんと心が通じ合い、看護の力を実感することができました。

実習では看護計画を立てて実施・評価まで行うのですが、自分で考えたケアによって患者さんが変わっていくのはうれしいことです。貴重な体験になりました。

子どもはとくに素直に気持ちを表してくれるので、数ある実習のなかでも小児科での実習は忘れられないものになっています。

部活では心肺蘇生の普及も。

ライフサポートチーム(LST)という部活にも参加しています。胸骨圧迫や人工呼吸、AEDの使用法などの心肺蘇生や応急処置法を学び、それを普及させることを目的にした部活です。

LSTの活動を通じて、改めて人の命に関わることの大切さや、看護師として仕事をしていく上での姿勢を学ぶことができました。友人や先輩、後輩と関わる機会を持てたことも良かったと思います。

国際看護のサークルにも所属し、ここでは英語の勉強もしています。また、学外でも英語でディベートを行うサークルに入って、英語力を鍛えています。

Episode 3 TRY! STORY

今できることを精一杯やる。

4回生になって、就職やその先のキャリアのことをしっかり考えるようになりました。私には将来やりたいことがたくさんあります。それに向けて今からできることをできる限りやっておこうと決めています。

それは、これまでの授業の復習であったり、所属しているゼミの勉強であったり、国家試験の勉強であったり、部活のことであったり、いろいろです。そのいろいろを力いっぱいやることが今の私のTRY!だと思っています。

海外でも活躍できる看護師に。

実習では小児科が印象に残っていますが、がん患者さんの看護や災害介護にも興味を持っています。幅広い分野で活躍できる看護師になるため、卒業後は診療科の多い総合病院に就職したいと考えています。

医療の最前線で、患者さんから信頼される看護師になることが私の夢です。いつかは海外でも看護の仕事をしてみたいとも思っています。

そのためには知識、経験はもちろんのこと、語学力やコミュニケーション力もしっかり磨いていきたいと思います。

Episode 4 未来へ向かって

患者さんに信頼される看護師に。

大学で勉強をするうち、看護師がいかに大変で、いかに重要な仕事であるかということに何度も気付かされました。それでも、看護師になりたいという思いが変わることがありませんでした。

常にキャリアアップを図って、頼りにしてもらえる看護師になろうという思いは強まるばかりです。大学で学んだことは看護の基本であり、卒業後もまだまだ勉強することはたくさんあると思います。

しんどいと思うこともありましたが、ここには素晴らしい先生方がいます。支え合って前へ進める仲間もいます。これからもそのことを忘れず、看護の道を突き進んでいきたいと思います。

来春からは看護師として仕事をしているはずです。一生懸命にやるしかありません。患者さんと心を通わせて最良の看護ができる看護師になるために、人としての成長も忘れず毎日を過ごしていこうと思います。

思いきって挑戦した経験は、必ず何かにつながると思います。

県立大看護学部では、看護師だけでなく、学部在学中に保健師の勉強もできます。これは大きなメリットで、保健師の勉強を通して視野が広がったのはとても良かったと感じています。また、看護学部を目指す人は将来の職業を具体的に考えていると思いますが、ここには、どんな看護師(あるいは保健師、助産師、養護教諭)になりたいか? ということだけでなく、どんな人間になりたいか?というところまで考えることができる環境があります。努力さえすれば可能性が無限に広がる大学だと思います。

看護学部公式サイトはこちら

その他の県大生TRY! STORY

あなたは県大で何を学び、どんなことに“TRY!”したいですか?
大学は入ることが目的ではなく、大学で何を学び成し遂げたいかが重要です。
それぞれに目的や志をもった先輩学生の「TRY STORY!」は、夢を叶える「学び」の物語。

経済学部 水野 敦洋さん

経済学部 国際経済学科
水野 敦洋さん

経営学部 小松田 梓左さん

経営学部 事業創造学科
小松田 梓左さん

工学部 仙波 瑞妃さん

工学部 機械システム工学科
仙波 瑞妃さん

理学部 山内 舜さん

理学部 生命科学科
山内 舜さん

環境人間学部 延原 翔さん

環境人間学部 環境人間学科
延原 翔さん

看護学部 岡崎 大貴さん

看護学部 看護学科
岡崎 大貴さん

ページ先頭へ戻る