工学部 宮本 有梨さん

Episode 1 大学生活の始まり

化学が学べる学部・学科へ

高校生の頃から化学が好きで、大学は化学が学べる学部・学科に行きたいと考えていました。自宅から通える範囲で志望校を探すうち、化学はもちろん、興味を持っていた生物分野も勉強できると分かったのが今の学部・学科。迷わず第一志望にしました。

無事合格した後は、大学の専門的な授業についていけるのか不安でした。実際に授業が始まると、やはり高校と比べて学習範囲が膨大で、内容も難しかったです。ただ、先生方は要点を絞って教えてくれますし、質問にも丁寧に対応してくれます。心配する必要はなかったと安心しました。

図書館も充実しているので、意欲さえあれば、自分でどんどん勉強できる環境が整っています。

工学部 宮本 有梨さん  Episode1
工学部 宮本 有梨さん Episode2

Episode 2 キャンパスライフ

自分のやりたいことが見つかる

1・2年生で幅広い分野を学べるのが、この学部・学科の魅力です。いろいろな知識を深めていくなかで、自分の好きなこと、やってみたいことが見えてきます。

3年生になると実験を数多く経験、4年生では自分でテーマを決めて研究に集中することができます。私の場合は、広く勉強するなかで生物分野への関心が高まり、身近な生活環境を支える環境分析のプロになりたいと思うようになりました。

入学してすぐに、学内のストリングオーケストラ部にも入学しました。初心者ですが、ずっとやってみたかったバイオリンに挑戦。演奏会に向けて仲間とともに努力した日々も良い思い出になっています。

 

Episode 3 ただいま挑戦中

卒業研究がスタート

工学部では4年生で研究室に配属され、卒業研究に取り組む1年を過ごします。私は生物機能工学の研究室に入り、微生物の力を環境改善へつなげる凝集剤の研究をスタートさせました。

今はまだ準備段階ですが、研究室の先生や先輩にサポートしてもらいながら、論文を読み込んだり、基礎的な実験に挑戦したりする毎日を過ごしています。

卒業研究は4年間の集大成です。実験がなかなかうまくいかず苦戦する毎日ですが、根気良く取り組んで、納得のできる成果を残したいと頑張っているところです。

工学部 宮本 有梨さん Episode3
工学部 宮本 有梨さん Episode4

Episode 4 未来へ向かって

環境を支える専門家に

環境分析の仕事がしたいという目標が早くに決まったため、就職活動も早めにスタートさせました。そのかいあってか、第一志望だった環境分析の企業から内定をいただくことができました。とてもうれしかったです。

将来の目標は、多くの人の生活環境を支える「環境分析のプロ」。そのためには、与えられた仕事に対して向上心を持って真摯に取り組むのはもちろん、環境計量士や公害防止管理者といった環境関係の資格取得にも挑戦していこうと思っています。

残る学生生活では、研究を中心に知識と技術をしっかり磨きたい。ここで学んだことを大事に、いずれは環境の専門家として社会に貢献したいと思っています。


県大で良かった!と思うことがたくさんあります

私には県大に来て良かった!と思うことがたくさんあります。大好きな化学や生物を思いきり学べたこと、ストリングオーケストラ部で活動できたこと、素晴らしい先生方や仲間に出会えたこと…。数えきれません。大学受験はとてもつらいものだと思います。私も何度もくじけそうになりました。そんな時は、「苦しいのは今だけ」と自分を勇気づけて勉強していました。受験生の皆さんも頑張ってください。大学には、高校とはまったく違う広い世界が待っていますから。

工学部公式サイトはこちら

その他の県大生TRY! STORY

あなたは県大で何を学び、どんなことに挑戦したいですか?
大学は入ることが目的ではなく、大学で何を学び成し遂げたいかが重要です。
それぞれに目的や志をもった先輩学生の「県大 STORY!」は、夢を叶える「学び」の物語。

工学部 宮本 有梨さん

工学部 応用化学工学科
宮本 有梨さん

理学部 渡邊 雄一郎さん

理学部 生命科学科
渡邊 雄一郎さん

環境人間学部 花谷 和志さん

環境人間学部 環境人間学科
花谷 和志さん

看護学部 喜多 美晴さん

看護学部 看護学科
喜多 美晴さん

ページ先頭へ戻る