看護学部 喜多 美晴さん

Episode 1 大学生活の始まり

広く学べる環境が魅力

県大の看護学部は、看護師だけでなく、保健師や養護教諭などいろいろな資格取得に向けた勉強をすることができます。小学生の頃から看護師になることが夢だった私ですが、養護教諭にも興味があり、両方を学べるところが魅力でした。

入学後も、看護師の知識だけでなく、幅広い視点で学ぶことができることを実感しています。広く見ていくことで、やっぱり自分は看護師になりたいと思うようになり、患者さんやそのご家族の思いまでケアできる看護師になるという新しい目標ができました。最初から看護師だけに絞らずに勉強できたことは、将来にも役立つのではないかと思っています。

看護学部 喜多 美晴さん Episode1

Episode 2 キャンパスライフ

勉強は想像以上に大変

看護師になるための勉強は思っていた以上に大変で、毎日とても忙しいです。それでもやっぱり看護師になりたい!周りには同じ志を持つ仲間がたくさんいるので、励まし合って頑張っているところです。

命を支える仕事なので、大変なのは当たり前。素晴らしい先生と仲間に恵まれて、一歩ずつ看護師に近づいている実感があります。京都から片道2時間かけて通学していますが、それが苦にならないくらい充実した学生生活です。

今年の5月までは、学生会の会長を1年間務めました。うまくいかないこともあって辞めたいと思うこともありましたが、学生会で培った協調性は看護の仕事にも役立つと確信しています。

 

看護学部 喜多 美晴さん Episode2

Episode 3 TRY! STORY

いよいよ始まる病院実習

1、2年生の間は短期間だった病院実習に、3年生では3カ月半の長期にわたって挑戦します。6月の終わりから夏休みをはさんで12月まで続くこの病院実習では、小児、母性、高齢者、精神障害など看護の6領域にまんべんなく触れることができます。

看護師の仕事を具体的に知るのはもちろん、自分に向いている領域を見つける良い機会です。今は準備の真っ最中で不安もありますが、普段の授業では学べないことをしっかり学びたいです。

2年生の時の実習では、患者さんとコミュニケーションがうまく取れずに落ち込んだこともありました。でも、先生からは「失敗に気づけたことも成長」との言葉があり、改めて看護師を目指す勇気をもらいました。今回の長い実習も、少しでも成長できるよう頑張りたいと思います。

 

看護学部 喜多 美晴さん Episode3

Episode 4 未来へ向かって

変わらない夢をかなえる

私の今の最大の目標は、看護師になることです。これは子どもの頃から変わっていません。ただ、看護学部に入学して勉強するうち、患者さんが自立してその人らしい生活をすることの意味を考えるようになりました。

病気が治るだけでなく、患者さんが持っている力を生かしたケアをしたいと思うようになったのです。ご家族への働きかけの大切さも学びました。まだ漠然とはしていますが、いつか患者さんとそのご家族が病気とともに生活していくことをサポートできる看護師になりたい。これから始まる病院実習で、自分に向いている領域も見つけていきたいと考えています。

看護学部 喜多 美晴さん Episode4

自分の未来を自由に描ける時間があります

受験勉強はとても大変で、しんどいと思います。どうか夢を持って勉強をしてください。○○になりたい、これがしたい、だから県大に入りたいという夢や目標は勉強の原動力になります。県大の看護学部なら、同じ目標や夢を持つ仲間に必ず出会えます。楽しいことも、つらいことも共有して乗り越えることができます。個性豊かな先生方の授業はとても面白く、感心することばかりです。看護を学びたいという人には理想的な環境が整っていると思います。

理学部公式サイトはこちら

その他の県大生TRY! STORY

あなたは県大で何を学び、どんなことに“TRY!”したいですか?
大学は入ることが目的ではなく、大学で何を学び成し遂げたいかが重要です。
それぞれに目的や志をもった先輩学生の「TRY STORY!」は、夢を叶える「学び」の物語。

工学部 宮本 有梨さん

工学部 応用化学工学科
宮本 有梨さん

理学部 渡邊 雄一郎さん

理学部 生命科学科
渡邊 雄一郎さん

環境人間学部 花谷 和志さん

環境人間学部 環境人間学科
花谷 和志さん

看護学部 喜多 美晴さん

看護学部 看護学科
喜多 美晴さん

ページ先頭へ戻る