看護学部 college of nursing art and science 公式サイトへ

看護学部

豊かな人間性の形成により
生命の尊厳を基調とした倫理観を身につけ、
社会の人々に信頼される高い看護の専門的知識・実践力を有し、
地域や国際社会の保健・医療・福祉の課題に柔軟に対応し、
職業創造ができる看護職を育成します。

学部長メッセージ

学部長 坂下玲子

学部教育が提供できる最大限の教育カリキュラムと充実した大学院

兵庫県立看護大学は、1993年に最初の公立看護大学として開学し、2004年に他の県立大学と統合し兵庫県立大学となり、さらに2013年からは公立大学法人となりました。少子高齢化、疾病構造の変化、医療・福祉の在り方が変化する中で、多様な社会のニーズに合わせた教育カリキュラムを追求しています。学部教育では、助産師、保健師、看護師の教育に加え、養護教諭一種を取得するコースをもち、多様な資格を取得することが可能となります。大学院教育も博士前期(修士)では、専門看護師教育課程である高度実践看護師コース、研究コース、次世代リーダーコースを設け、災害看護グローバルリーダー養成プログラムを受けた共同災害看護学専攻を設け、看護の多様な可能性を追求しています。

教育の広がりはありますが、一貫しているのは「ケアをする人はケアを持って育てるべし」という初代看護大学学長南裕子先生の教育方針です。豊かな人間性を形成し、生命の尊厳を守る人になるためには、学生自身が尊重され、勇気づけられ、自律的に学び実践することでその力を発揮していく体験することが重要です。教員たちは、学生の気づきを大切に根気よく話を聞き対話しながら一緒に看護を考えています。学生も患者さんの話を丁寧に聞き、実習病院の指導者たちも根気よく学生の考えを聞いてくださいますので、患者さんを中心とした看護ケアをどのように展開していくか、学生、臨床指導者、教員が一緒になって考え実現しています。

卒業生・修了生は、2,685人(2017年4月現在)となり、広い分野で活躍しています。専門看護師として看護の専門性を探求している人、教員として教育分野で活躍している人、看護サービスを提供する企業を立ち上げた人、その活躍の場は無限に広がっています。また、けやき会(同窓会)を中心に母校の発展にも大きな貢献をしてくれています。

人にははかりしれない力があります。この学びの環境を最大限に活用して、自ら思考し、発言し、行動する力をつけてください。

学部長 坂下玲子

看護学部 学びのポイント

  • 命の尊さを学び人を守り支える

    生命の尊厳を理解し、人間の喜びと苦しみを分かち合い、人権を尊重できる豊かな人間性を養います。様々な健康課題をもつ人々との出会いを通じて、人として成長することを応援します。

  • 幅広い教養と多くの出会い

    1年次は幅広い知識を吸収し、自分の将来を考える試行錯誤の時期として設定され、同時に1年次から専門科目を配置し、看護を主体的に学ぶ姿勢を培います。

  • 恵まれた教育・研究環境での
    豊かな可能性

    教員によるクラス担任制度、看護学研究科大学院、地域ケア開発研究所があります。看護師、保健師、助産師の国家試験受験資格や養護教諭一種免許取得の可能性があります。

看護学部 学科のご紹介

■ 看護学科

多様な資格取得で生きることをデザインしよう

授業科目には、豊かな人間性を涵養し課題探求能力や国際的なコミュニケーション能力を高める「全学共通科目」、看護学に近接した領域を横断的に学ぶ「専門関連科目」、および看護学を系統的に学ぶ「専門教育科目」の3つがあります。広い意味での人間学を形づくっている諸学問および看護学を相互に結びつけながら、学際的視野に基づいた看護実践力の育成を図ります。また1年次より専門教育科目を配置するくさび形の履修体系によって、看護への関心と意欲を持続させながら主体的に専門性を高めていくことができます。

学部内容

アクセスマップ

〒673-8588 兵庫県明石市北王子町13番71号

看護学部公式サイト

兵庫県立大学 看護学部のさらに詳しい情報をお求めの方は、以下のボタンより看護学部公式サイトへアクセスしてください。

看護学部公式サイトはこちら
ページ先頭へ戻る