理学部 school of science 公式サイトへ

理学部

近年の科学技術の目覚ましい発展に伴い、画期的な新技術が次々に登場する一方、従来の技術は急速にすたれていきます。先端技術の進歩は単なる小手先の技術改良によるものではありません。これまでの技術を根本的に刷新する技術革新が、物質科学や生命科学などの基礎科学における新事象の発見と、その応用から生まれてくることは、歴史の教えるところです。本理学部では、新しい先端科学技術を生み出すための基礎科学の研究と教育を推進しています。

学部長メッセージ

学部長 阪口雅郎

物事の本質に迫るものの見方を身につけよう

理学部では知的好奇心から出発して、自然現象の成り立ちや仕組みの解明を目指し教育と研究を行っています。「なぜだろう?どうなっているの?」といった問いの繰り返しで、ものごとの仕組みの本質を極めます。

私たちの兵庫県立大学理学部では、数学・物理・化学・生物などといった従来の自然科学分野の枠を超えて、これらの方法論や考え方を総動員して、物質科学と生命科学というより広い視点から真理を追究します。多様な方法論や、多様な考え方を総合的に学ぶことができ、ここでしかできない研究にあふれています。

たとえば、物理を極めてきた研究者が化学反応の原理を探り、計算物理の達人がタンパク質や遺伝子の働きの解明をめざしています。また、化学が超得意なグループがいのちの不思議に挑みます。また、兵庫県には、放射光施設(SPring-8)、自由電子レーザー施設(SACLA)、スーパーコンピュータ施設(京)、西はりま天文台など、ユニークな最先端研究施設があり、これらと密接に協力しあい研究を進めています。このような格段に優れた研究環境のもとに、情熱あふれる教員が集っています。卒業研究では多様な選択肢からテーマを選択することができます。

ここでの勉強や研究は簡単ではありません、しかし真剣に取り組むならば、ドキドキわくわくの連続です。さらに、研究成果は様々な応用につながり、ここでの学びや研究経験は多方面で生きてきます。さあ、「なぜ?」に答える旅に一緒に出発しましょう。

学部長 阪口雅郎

理学部 学びのポイント

  • 学際的な研究と教育

    現代の科学技術は、既存の学問体系の枠を越えて広がっています。本理学部では学際領域に特に力を入れて研究・教育を行っています。

  • 最先端の研究を背景とした教育

    次世代科学技術の基礎を担うために各教員が最先端の研究を推進し、それを学生諸君に実体験してもらうことによって教育を行っています。

  • 兵庫県の科学技術を
    担う人材の育成

    全国有数の工業県である兵庫県の科学技術の将来を担う人材を育てるため、SPring-8など県下の最先端研究施設と連携して教育を進めています。

理学部 学科のご紹介

■ 物質科学科

物質の本質を基礎から理解し、活用できる人材の育成を目指す。

電気を通したり、通さないもの。磁石に引きつけられるものや、そうでないもの。物質の示すこれらの性質の違いは、いったい何が原因となっているのでしょうか。物質科学の研究は、自然界で見られる物質の性質に関するこのような興味とその原因についての探求心が、その根底にあります。物質科学科では、物質中にどのような原子や分子が含まれ、また、それらがどのような構造をとるかといった微視的な観点から、物質の性質を理解するための基礎について学習することができます。多くの場合、既存の常識を疑うことから科学は発展してきました。多くの学ぶべきことがありますが、皆さんの新鮮な発想が物質科学の未来の開拓につながることを期待しています。

■物質科学科:履修コース

■ 生命科学科

生命現象への深い理解と洞察力をもつ、世界に通用する人材を育成します。

すべての生命体は細胞によって組み立てられています。細胞は様々な分子によって構成され、さらに分子は多くの原子によって作られています。生命現象の本質は化学反応なのです。私達の生命科学科では、生命現象のメカニズムを細胞・分子・原子のレベルで解明する努力を続けてきました。文部科学省の2つのCOEプログラムと博士課程教育リーディングプログラムに続けて採択されるなど、その実績は高く評価されています。本学科では生命現象への深い理解と洞察力を養うため、物理や化学などの幅広い基礎学力を身につけたうえで、高度な専門科目を無理なく履修できるようにカリキュラムを編成し、3つの履修コースを設定して、きめ細かな指導を行っています。

■生命科学科:履修コース

アクセスマップ

〒678-1297 赤穂郡上郡町光都3丁目2番1号

理学部公式サイト

兵庫県立大学 理学部のさらに詳しい情報をお求めの方は、以下のボタンより理学部公式サイトへアクセスしてください。

理学部公式サイトはこちら

大学院生命理学研究科 博士課程教育リーディングプログラムはこちらから
博士課程教育リーディングプログラム

ページ先頭へ戻る