入学料・授業料・免除・奨学金

奨学金

学業成績や人物が優れ、経済的に困窮している学生には、選考のうえ奨学金が貸与又は給付されることがあります。現在、本学で扱っている奨学金制度は日本学生支援機構、地方公共団体及び民間育英団体の3種類です。それぞれの募集や手続等の連絡はすべて掲示によって行いますから、よく注意してください。
なお、奨学生に採用されても、学業成績、就学態度等の状況から奨学生として不適当と認められたときは、停止、廃止、採用取消等の処置を受けることがあります。
また、奨学生として採用された後に休学、復学、退学、死亡、現住所及び保証人の変更があったときは、直ちに学務所管課に届け出てください。

日本学生支援機構

奨学金の概要
種別貸与月額備考
学部生 第一種 入学年度自宅自宅外 無利子
2015 30,000円
45,000円
30,000円
51,000円
上記から希望金額
第二種
30,000円   50,000円   80,000円
100,000円  120,000円
上記の中から希望金額
貸与月額の年3.0%を上限として変動します。

種別貸与月額備考
大学院生 第一種 ■修士・博士前期無利子
入学年度自宅自宅外
2015 50,000円
88,000円
50,000円
88,000円
上記から希望金額
■博士後期
入学年度自宅自宅外
2015 80,000円
122,000円
80,000円
122,000円
上記から希望金額
第二種
50,000円   80,000円   100,000円
130,000円  150,000円
上記の中から希望金額
貸与月額の年3.0%を上限として変動します。

募集期間

第1次 4~5月頃

奨学金継続願の提出

日本学生支援機構奨学生は、毎年12月頃にお渡しする「奨学金継続願」を所定の期限内に提出しなければなりません。これを提出しない場合は、奨学生の資格を失い、廃止の処置がとられます。

奨学金の返還

奨学金はあくまで貸与されるものですから、卒業後に返還の義務が生ずることはいうまでもありません。この返還されたお金は、新たな奨学生に貸与する奨学金の財源となりますので、定められた期間内に必ず返還してください。病気、進学、その他正当な事由があるときは、申請により返還を猶予されることがあります。

奨学生であった皆様へ

各種奨学金制度

日本学生支援機構のほか、各都道府県・市・団体等による奨学金制度があり、募集は掲示によりますのでよく注意してください。

民間育英団体

民間育英団体の奨学金制度も募集は掲示によりますので、よく注意してください。

ページ先頭へ戻る