教育プログラム

大学教育再生加速プログラム(AP)

大学教育再生加速プログラムとは

「大学教育再生加速プログラム(Acceleration Program for University Education Rebuilding:AP)」は先進的な取組を実施する大学など(短大、高専を含む)を支援することを目的とした文部科学省と日本学術振興会のプログラムです。
高等学校や社会との円滑な接続のもと、入口から出口まで質を伴った大学教育を実現するため、先進的な取組を実施する大学等を支援することを目的としています。

これまで大学教育再生加速プログラムでは、「アクティブラーニング」「学修成果の可視化」「入試改革・高大接続」「長期学外学修プログラム(ギャップイヤー)」の4つのテーマの取組を支援してきました。
平成28年度はテーマⅤ「卒業時における質保証の取組の強化」について公募が行われ、申請事業116件のうち19件が採択され、本学の事業はこれに該当します。

兵庫県立大学でのAP事業の取り組み

兵庫県立大学は、環境人間学部をモデル学部として、教育の質を高めるために3つのポリシーを起点とするPDCA(計画・実行・評価・改善)サイクルによる教学マネジメントに取り組んでいます。

3つのポリシーとは?
アドミッションポリシー
入学時の受け入れ方針
ディプロマポリシー
学位授与するための方針
カリキュラムポリシー
ディプロマポリシーを達成するために必要な教育課程の編成や実施の方針

詳しくは、兵庫県立大学AP事業ホームページをご覧ください。

カテゴリーメニュー

ピックアップコンテンツ

ページ先頭へ戻る