教育・学生生活

学校感染症に学生が罹患した場合の取扱いについて

本学では、「学校において予防すべき感染症」(以下「学校感染症」)に罹患した場合は、学内感染を予防するため、「学校保健安全法」「学校保健安全法施行規則」により出席停止としています。
ただし、出席停止により、授業・試験を欠席する学生に対しては、不利益とならないよう、所定の手続きにより配慮します。

学校感染症の種類と出席停止期間

種類 対象疾病 出席停止期間
第一種
エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、
南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、
急性灰白髄炎、ジフテリア、
重症急性呼吸器症候群、
中東呼吸器症候群、
特定鳥インフルエンザ、
新型インフルエンザ等感染症、
指定感染症、新感染症
治癒するまで
第二種
インフルエンザ
(特定鳥インフルエンザ及び新型インフルエンザ等感染症は除く)
発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで
百日咳
特有の咳が消える、または5日間の抗菌性物質製剤による治療終了まで
麻疹(はしか)
解熱した後 3日を経過するまで
流行性耳下線炎
耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が始まった後五日を経過し、かつ、全身状態が良好となるまで
風疹
発疹が消失するまで
水痘
すべての発疹が痂皮化するまで
咽頭結膜熱(プール熱)
主要症状が消退した後2日を経過するまで
結核
病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで
骨髄炎菌性髄膜炎
第三種
コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、
腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、
急性出血性結膜炎その他の感染症
病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで

出席停止となる場合の授業等の取扱い

【授業の取扱い】
  • 本人から申請があり、認められた場合は、履修上不利とならないよう配慮します。
【定期試験の取扱い】
  • 本人からの申請があり、認められた場合は、不利とならないよう配慮します。

各種手続、対応等

【大学への連絡】
  • 学校感染症に罹患または罹患した疑いがある場合は、速やかに所属するキャンパスの学務担当課に電話等で連絡し、手続き等の指示を仰いでください。
【届出書類等の提出】
  • 大学の指示に従い、以下の種類を、各キャンパスの学務担当課に提出してください。
  • 届出書類等の提出は、できるだけ速やかに行うこととしますが、病状等事情も考慮し、事後(治癒後登校時等)でも受け付けます。
  • 届出時、証明書類として、医師の診断書等の添付が必要ですが、第二種の感染症のうち、インフルエンザについては、疾患を特定できる薬剤情報、検査結果を提出することにより、診断書等の提出を省略することができます。
【治癒後登校時の連絡】
  • 治癒後、登校しようとする場合は、学校医その他の医師において、治癒し登校に支障がないこと及び感染の恐れが無いことを確認の上、医師の診断書を学務担当課に提出し、登校の許可を得る必要があります。
  • ただし、第二種の感染症のうち、インフルエンザについては、医師の診断書等の提出を省略し、口頭による報告に代えることができます。
【授業担当教員への連絡】
  • 本人からの申請があり、認められた場合、関係教職員等に対して連絡されますが、出席停止期間中に欠席した授業等について、特に何らかの配慮等を求める場合は、各授業の担当教員に、直接その旨を申し出てください。

カテゴリーメニュー

ピックアップコンテンツ

   
ページ先頭へ戻る