教育・学生生活

危険な宗教団体等の勧誘に注意!

最近、大学のキャンパスを中心に勧誘活動を行い、多くの大学生をメンバーとする危険な宗教団体等の存在が社会問題となっています。

これらの団体は、最初は真の活動内容を明かさずに、音楽やスポーツ、ボランティア等の「サークル活動」を装って勧誘します。その後、巧みなマインドコントロールによって、徐々にターゲットの学生を洗脳し、知らず知らずのうちに学生を完全に取り込んでしまいます。

そうした団体に加入してしまうと、皆さんの貴重な時間が奪われてしまうだけでなく、精神的・肉体的・経済的にも大きな負担となり、大切な学生時代が台無しになってしまいます。

このような団体に加入しないようくれぐれも注意し、不審に思った場合は、即座にきっぱりと勧誘を断る強い意志を持ってください。

なお、万一、既にこのような団体から勧誘活動を受けたことがある場合や、あるいは現在所属する団体に不安や疑問等を感じたら、すぐに各キャンパスの学生生活委員会委員(教員)、学生課、学務課、保健室等に相談してください。

危険な宗教団体等から身を守るための心得

  • 街頭、キャンパスなどで勧誘を受けた場合、とりあえず断る。勧誘員の外見や話し方(魅力的で優しく思いやりがあるなど)にとらわれず、まずきっぱりと断る。
  • 勧誘を受けた団体が良さそうに思えても、まずその団体についての信頼できる外部の情報を収集し、それを基に判断する。
  • 団体等に加入する判断をする前に、友人や親、教員など、団体とは無関係な信頼できる適切な人に相談し、自分以外の第三者の意見や評価を聞く。

カテゴリーメニュー

ピックアップコンテンツ

   
ページ先頭へ戻る