教育プログラム

ディプロマポリシー【大学院研究科】(学位授与方針)

学部のディプロマポリシーに加え、以下の能力を有する

博士課程前期(修士課程)

必要な研究指導を受けて、各専攻分野における問題解決および研究活動を行うのに十分な、専門知識と技能を有する

博士課程後期(博士課程)

専攻分野において、研究者として自立して研究活動を行う能力を持つ

専門職大学院課程

高度の専門性が求められる職業を担うため、深い学識と卓越した能力、責任感を持つ

[経済学研究科]

下記の能力を身につけた学生に学位を授与する。

経済学専攻 博士前期課程

  • 経済学の専門知識と方法論を習得している

経済学専攻 博士後期課程

  • 経済学の高度な専門知識と方法論を習得している

経済学専攻

  • 理論あるいは政策課題を識別・設定している
  • 識別・設定した課題に関して分析・評価を行えるようになっている

地域公共政策専攻

  • 経済学の方法論を習得している
  • 幅広い経済学の素養を身につけている

地域公共政策専攻 地域ガバナンスプログラム

  • 経済学の方法論を特定の政策分野に適用できる
  • 政策立案や政策評価ができる
[経営学研究科]

下記の能力を身につけた学生に学位を授与する。

  • 専攻分野の従来の学術的知見に、独自の学術的貢献を果たすことのできる高度な研究能力を習得していること、または高度な専門的業務に従事するために必要な研究能力と学識を習得している
  • 自律した研究者または職業人として、高い倫理観と社会貢献への意欲を有している
  • 経営学関連の諸問題に対する専門家として、高い判断能力を習得している
  • 所定の単位を修得し、必要な研究指導を受けたのち、学位論文(博士論文)を提出し、審査に合格している
[工学研究科]

工学研究科においては、科学技術の分野で創造的、独創的研究を推進し、先駆的な情報を発信するとともに、学術の基礎を広く深奥に極めかつ高度な専門学識及び専門領域を横断した学際性を備えた研究者・技術者を育成することを目指している。工学研究科では、教育・研究を通して下記の能力を身に付けた学生に修士(博士前期課程)あるいは博士(博士後期課程)の学位を授与する。

博士前期課程

  • 各専攻の学術の基礎となる専門領域の学識を十分に理解している。また、研究者・技術者として活躍するための基礎となる高度な専門技術力を身に付けている
  • 学際的領域に踏み込んだ研究課題を体験している。また、社会から求められる実践的な研究・技術開発に適応できる能力を身に付けている
  • 高い倫理観を持っている

博士後期課程

  • 各専攻分野における精深な学識と、研究能力の基礎となる高度な専門的技術力を身に付けている
  • 学際性を備えた研究者として、自立して研究活動を行うのに必要な幅広く深奥な学識と高度な研究能力を身に付けている
  • 高い倫理観と豊かな人間性を持っている
[物質理学研究科]

物質理学研究科

物質科学分野の境界領域においても研究を推進できる研究者や各界のリーダーとして活躍できる、下記の能力を身につけた学生に学位を授与する。

  • 物質科学の各分野において真理の探求と知の創造を重視した独創的かつ先駆的な基礎研究を推進する能力を身に着けている
  • 自然科学全般についての広い視野と高度の専門知識を使い世界的に活躍する能力を兼ね備えている
  • 物質科学分野の研究を遂行する上で必要な高い倫理観を身につけている

以上に加えて、以下の区分ごとの能力を身につけていることを必要とする。

物質科学専攻 前期課程

  • 物質の物性を理解する数学的手法、物性発現の制御、物質の設計や創製の手法を修得し得られた実験結果を正しく評価・判断する能力を身につけている
  • 物質科学に関するそれぞれの分野における高度の専門知識を体系的に理解できている
  • 物質科学分野の研究を遂行する上で必要な高い倫理観を身につけている

物質科学専攻 後期課程

  • 物質科学の分野において、研究者として自立して研究を遂行する意欲および実験技術を身につけている
  • 自身および専門分野の他の研究者による研究成果を客観的に正しく評価・判断する能力を身につけている
  • 研究者としての立場から、基礎科学についての高度な専門性と学際的領域への関心から得られた知見を、一般人にわかりやすく伝えて社会に役立てることができる
[生命理学研究科]

生命理学研究科は、生命科学専攻および5年一貫制のピコバイオロジー専攻の2専攻を設けることにより、学際的な教員組織とカリキュラムを実現した。これにより、生命科学分野の境界領域においても研究を推進できる研究者や各界のリーダーとして活躍できる下記に示す能力を身につけた学生に学位を授与する。

  • 生命科学・地球科学の各分野において真理の探求と知の創造を重視した独創的かつ先駆的な基礎研究を推進する能力を身につけている
  • 自然科学全般についての広い視野と高度の専門知識を基に世界的レベルの研究を遂行し、かつ得られた結果を世の中に正しく発信する能力を兼ね備えている
  • 生命科学分野の研究を遂行する上で必要な高い倫理観を身につけている

以上に加え、専攻ごとに以下の能力を身につけていることを必要とする。

生命科学専攻 前期課程

  • 生命科学・地球科学のそれぞれの専門分野における基礎的な専門知識を体系的に理解できている
  • 生命科学・地球科学の基本的原理を解明することに意欲と関心を持ち、そのための様々な最先端の実験手法を修得し、得られた実験結果を正しく評価・判断する能力を身につけている
  • 生命科学・地球科学分野で研究を遂行する上で必要な高い倫理観を身につけている

生命科学専攻 後期課程

  • 高度な専門知識を通して、専攻分野での研究者として自立して世界的レベルの研究を遂行する能力と、次世代を担う大学生や大学院生を正しく教育指導する力を身につけている
  • 自身および専門分野の他の研究者による研究成果を客観的に正しく評価・判断する能力を身につけている
  • 研究者としての立場から、基礎科学についての高度な専門性と科学の境界領域への関心から得られた知見を、一般人にわかりやすく伝えて社会に役立てることができる

ピコバイオロジー専攻(5年一貫制)

生命科学専攻のディプロマポリシーに加えて下記について修得している。

  • 生命科学の高度の専門能力と最先端大型研究装置の開発・管理能力を身につけている
  • 社会において生命科学が果たすべき役割を深く認識し、確固たる価値観と広範な俯瞰力、さらには高い国際的コミュニケーション能力やマネジメント能力など、産官学を通じた幅広い分野で活躍するリーダーにふさわしい素養を備えている
[環境人間学研究科]

下記の能力を身につけた学生に学位を授与する。

博士前期課程

諸専門の知識や情報を組織して問題解決に向かう研究態度を身につけている

博士前期課程

社会のニーズに応える高度の専門知識と総合的、実践的な問題発見・解決能力を身につけている

博士後期課程

環境人間学の学理と方法論をさらに深く科学的に考究できる能力を身につけている

博士後期課程

環境と人間のあり方を正しく理解し、環境に関する諸問題に対して総合的、創造的な視点から対処しうる高度の研究能力を身につけている

看護学研究科

下記の能力を身につけた学生に学位を授与する。

博士前期課程

  • 高い倫理観を基盤とした看護の高度な実践能力や研究者としての基礎能力を有している
  • リーダーシップと調整力を発揮し、事態への対処と問題解決が行える能力を有している

看護学専攻(博士後期課程)

  • 卓越した研究ならびに学習成果を上げ、広く学際的視点から各専門領域での看護学の構築に寄与できる能力を有する
  • 専門領域において指導性を有し、俯瞰的、独創的事業や研究・指導ができる能力を有する

共同災害看護学専攻(5年一貫生博士課程)

  • 人間の安全保障を理念として、いかなる災害状況でも「その人らしく健康に生きる」ことを支援することができる能力を有する
  • 卓越した研究並びに学修成果をあげ、グローバルな視点及び学際的な視点から災害看護学の構築に寄与できる能力を有する
  • 災害サイクルのすべての段階を踏まえて、災害看護に関する専門性と指導性を有し、俯瞰的、独創的事業や研究ができる能力を有する
  • 災害看護の高度な専門性と高い倫理観を有している職業人として、災害サイクルの段階を熟知し、卓越したリーダーシップと調整力とを発揮して、事態への対処と問題解決が行える能力を有する
[応用情報科学研究科]

下記の能力を身につけた学生に学位を授与する。

  • 知識・技能
    政策・経営、ヘルスケア、高信頼情報の各分野における社会応用のための情報科学技術に関する知識・技術を修得している。
  • 思考力・判断力・表現力
    情報社会の高度化・複雑化が進む中、自ら課題を発見し、自主的・総合的に学習・研究して解決する能力を修得している。また、諸課題に対する倫理的な思考能力、社会で活躍するための表現力、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力などの基本的な知識と技術を修得している。
  • 主体性・多様性・協働性
    情報科学技術の基礎的知識及び応用分野における専門的な知識を有し、それらを情報社会における諸課題の探求・解決へ自主的・持続的に応用できる能力や、情報科学技術の社会応用における課題に対して正確な理解力や的確な判断力を身に付けている。また、社会における技術者、高度専門職業人及び研究者として、多様な人々と協働して物事を進めることができる。

学位ごとの修了時の到達目標は、次の通りである。

修士学位
提出された修士学位論文が、情報科学及び各分野での社会応用における新たな成果を含むか、あるいは、情報科学及び各分野での社会応用における広い視野に立った学術的内容を含んでいると判断されること。

博士学位
提出された博士学位論文が、情報科学及び各分野での社会応用における新たな成果とそれを包括する体系及び高度な学術を含み、当該研究分野の今後の発展に大きく寄与する内容を含む、あるいは、情報科学及び各分野での社会応用において自立して研究活動等を行い得ると認められる学術的内容を含んでいると判断されること。

[シミュレーション学研究科]

下記の能力を身につけた学生に学位を授与する。

  • シミュレーションの考え方と基本技法を身につけている
  • 自立的にシミュレーション技法を活用している
  • 現代の諸問題の解決に資する専門家としての能力を修得している
[地域資源マネジメント研究科]

下記の能力を身につけた学生に学位を授与する。

博士前期課程

本研究科における体系的学習を通して、地域に内在する「自然・社会・文化のつながりと関係性」を科学的に解明し、構造的に理解・認識する能力、つまり「人と自然に関する高度な教養」を身につけた上で、住民との連携・協働のもと、成果を地域に還元することのできる能力を身につけた者に学位を授与する。

博士後期課程

地域資源マネジメントの理論と実践を発展的に繰り広げ、オリジナリティに富んだ人と自然の関係論を構築し、この新たな関係論の基盤とマネジメントの交互作用により、さらに実効性のある地域資源マネジメントを実践する、という地域資源マネジメント学の構築に貢献する者に授与する。

[会計研究科]

下記の能力を身につけた学生に学位を授与する。

会計研究科は、監査業務や税務業務などの担い手、企業など民間部門における専門的な実務の担い手、自治体など政府・非営利部門における専門的な実務の担い手としての会計専門職業人に必要とされる専門的知識・技能に加えて、幅広い見識や職業倫理に根ざした健全な判断力、将来にわたり広く社会のニーズに応えようとする使命感を身につけている者に、会計修士(専門職)の学位を授与する。

[経営研究科]

下記の能力を身につけた学生に学位を授与する。

経営研究科は、本研究科における体系的学習を通して、職業倫理、専門的能力に加えて、社会環境の変化に対応できる思考能力、判断能力、指導力を身につけた者に、経営管理修士(専門職)、ヘルスケア・マネジメント修士(専門職)の学位を授与する。

[緑環境景観マネジメント研究科]

下記の能力を身につけた学生に学位を授与する。

  • 景観・園芸・環境に関する基礎的素養を持つ
  • 景観・園芸・環境に関する専門知識を有し、これを実務に応用できる
  • 自然系・人工系の緑環境を保全・管理するための知識と技術を習得している
  • 緑環境や生活空間を目的に応じて計画・デザインすることができる
  • 園芸植物の分類および栽培管理の知識と技術を習得している
  • 緑環境の確保・管理・活用のための施策を立案できる
  • 景観・園芸・環境の実務のための総合力を身につけている
  • 景観・園芸・環境に関わる複合的な問題を分析し、問題を設定・解決できる
  • 景観・園芸・環境に関わる多領域の人々とコミュニケーションをとり、協働できる
  • 科学の進歩および社会のニーズの変化に対応して、自らを高めることができる
  • 景観・園芸・環境の専門家として求められる倫理観を備えている

カテゴリーメニュー

ピックアップコンテンツ

ページ先頭へ戻る