保健室のご案内

インフルエンザに注意

風邪とインフルエンザの違い

  インフルエンザ 風邪
感染力 人から人へ急速に広がる。 だらだらと拡がることが多い。
症状 38から40度の高熱
悪寒、頭痛、倦怠感等の全身症状を伴う。
鼻、のどの症状もある。
気管支炎、肺炎など重症化することも多い。
主に鼻、のどなどに症状が現れ、発熱を伴うこともある。
症状 急激な高熱で発症する。 ゆっくりと経過する。

インフルエンザは予防が大切

1 感染経路をたつ

  • 人混みへの外出を避け、外出時はマスクを使用しましょう。
  • 外出後はうがいと手洗いをしましょう。
  • こまめに換気し、適度な温度と加湿をしましょう。(ウイルスは低温、乾燥が大好き)

2 抵抗力をつける

  • 十分な栄養と睡眠を心がけましょう。

3 免疫をつける

  • 医療機関でインフルエンザワクチンを受けることができます。

インフルエンザにかかってしまったら?

早めに医療機関で受診しましょう。現在ではウイルスの増殖を抑える薬が効果を発揮しています。発症してからおよそ48時間以内の服用が効果的です。かかったかな?と思ったら早めの治療を受けましょう。
安静にして十分な睡眠をとりましょう。
脱水症状に注意してこまめに水分を補給しましょう。
バランスのとれた消化の良いものを食べましょう。

発症時は人の多く集まるところを避け、外出時はマスクをするなど周囲の人への配慮も忘れずに。

新型インフルエンザについて

先般流行した「新型インフルエンザ(A/H1N1)」については、国民の大部分が当該感染症に対する免疫を獲得したこと等により新型インフルエンザ等感染症と認められなくなったので、平成23年4月1日以降、季節性インフルエンザ対策に移行することとなりました。

インフルエンザに関するホームページ

カテゴリーメニュー

ピックアップコンテンツ

 
   
ページ先頭へ戻る