在学中の諸手続

休学と復学について

休学

傷病治療や経済的理由により学費の支払いが困難なため、3箇月以上連続して欠席しなければならなくなった場合は、学部長又は研究科長の許可を得て休学することができます。

休学資格

休学をすることができる者は、次のいずれかに該当する場合とします。

  • ア 本人の傷病治療を目的とするとき。
  • イ 経済的理由により学費の支払いが困難なとき。
  • ウ その他休学を適当と認めたとき。

休学期間

休学できる期間は1年以内となっています。特別の事情があると認められたときは、更に1年の範囲内で期間を延長することができます。休学期間を延長する場合は、休学の手続に従って、休学期間延長願を学務所管課に提出してください。ただし休学期間は、通算3年(博士前期課程又は修士課程の場合は2年)を超えることはできません。

休学の手続

  • ア 休学許可願(休学を延長する場合は、休学期間延長願)・証明書類(病気の場合は、医師の診断書、それ以外の場合は、休学の理由を明らかにする書類)を用意してください。この場合、本人と保証人の印鑑が必要です。
  • イ 本人又は保証人が以上の書類をまとめ、休学許可願に、指導教員又は学務関係委員の意見の記入を受けて学務所管課に提出してください。
  • ウ 休学期間を延長したい場合は、期間満了の1箇月前までに申請しなければなりません。

休学中の連絡

休学期間の終わる1箇月前までに、その病状等により休学を継続するか復学が可能かなどについて学務所管課に連絡してください。

休学に付帯する必要な手続

日本学生支援機構奨学生(前 日本育英会奨学生)その他の奨学生が休学を願い出て許可された場合には、学務所管課を経てこれらの機構に必要な手続をしなければなりません。これは、復学する場合も同様です。

復学

休学期間中でもその事情がなくなったときは、学部長又は研究科長の許可を得て復学することができます。復学したい場合は、復学許可願に必要書類を添え、学務所管課に提出してください。

カテゴリーメニュー

ピックアップコンテンツ

ページ先頭へ戻る