教育プログラム

教育プログラム

全学共通教育

全学共通教育とは、全ての学部生にとって必要とされる幅広い視野を養うとともに、豊かな人間性の涵養と課題探求能力の向上、国際的なコミュニケーション能力の養成を目的とする教育で、大きくは「グローバル・コミュニケーション科目」「教養科目」「他専攻科目」に分かれます。

<開講場所>
全学共通教育は、1年次の間、神戸商科キャンパスと姫路工学キャンパスの2ヶ所に集約して実施します。
神戸商科キャンパス  :  経済学部、経営学部、看護学部
姫路工学キャンパス  :  工学部、理学部、環境人間学部

神戸商科キャンパス

神戸商科キャンパス

姫路工学キャンパス

姫路工学キャンパス

グローバル・コミュニケーション科目

国際化と情報化の急激な進展の中で求められるコミュニケーション能力の向上を目的として、グローバル・コミュニケーション科目(英語コミュニケーション科目、情報関連科目)を開講しています。

英語コミュニケーション科目

実際の用に供することができる英語コミュニケーション能力を養成するため、全ての学部においてオーラル・コミュニケーション、リスニング、リーディング、ライティングの4スキルの総合的向上を図る英語コア科目(6科目)を開講しています。
これらの授業は1クラス25名程度の少人数クラスで実施することとしており、全ての学生に必ず履修することを求めています。
さらに、スキルアップを図る科目、学生のインセンティブを高める科目、TOEIC等の資格試験での得点アップを目指した科目など、学生のニーズに応じた多彩な選択英語科目を開講しています。

<主な科目(英語コア科目)>
  • Reading and Discussion 1・2
  • Listening and Speaking 1・2
  • Writing 1・2
情報関連科目

全ての学部において、情報機器を単にツールとして使いこなせるだけでなく、情報科学に関する基礎的な理論や仕組みを理解した学生を育成することを目的とし、初級システムアドミニストレーター等の国家資格の取得への対応も視野においた教育を行っています。

<主な科目>
  • 情報リテラシー
  • 情報科学概論

教養科目

幅広い教養や豊かな人間性を養うとともに、課題探求能力を高めることを目的として、多彩な教養科目を開講しています。
これらは、文化、社会、自然の諸分野から精選された共通教養科目と社会における現代的かつ発展的な課題を扱う課題別教養科目から構成されるとともに、目的に応じて少人数の基礎演習・基礎ゼミナールを開講しています。

<共通教養科目の主な科目>

  • 文化:哲学、心理学、国文学 など
  • 社会:経済学、経営学、国際関係論 など
  • 自然:自然科学、生物科学、生命概論 など

<課題別教養科目の主な科目>

  • キャリアデザイン
  • 21世紀の日本経済
  • 21世紀の経営問題
  • 社会と健康
  • 現代科学への招待
  • 環境と技術
  • 生活と防災 など

<基礎演習・基礎ゼミナール>

  • 基礎演習(経済学部の1回生)
  • 基礎ゼミナール(経営学部・工学部・理学部・環境人間学部の1回生)

他専攻科目

総合大学としての利点を生かし、学生の多様な関心にこたえるため、各学部が専門基礎科目(専門関連科目)及び専門教育科目の中から、一定のまとまった知識が得られる科目で、他学部生に履修を薦めたい科目を精選し、学生が自らの専攻以外の科目を選択して履修する他専攻科目を開講しています。

<主な科目>

  • 社会科学概論a(経済学部提供科目)
  • 国際協力法(経済学部提供科目)
  • ベンチャー経営論(経営学部提供科目)
  • 経営戦略入門(経営学部提供科目)
  • 力学Ⅰ(工学部提供科目)
  • 電気回路基礎(工学部提供科目)
  • 細胞生物学1(理学部提供科目)
  • 基礎物理学1b(理学部提供科目)
  • 発育発達論(環境人間学部提供科目)
  • 環境政策(環境人間学部提供科目)
  • コミュニティ・公衆衛生看護概論(看護学部提供科目)

カテゴリーメニュー

ピックアップコンテンツ

ページ先頭へ戻る