就職・進路

就職の機会均等についてのお願い

本学におきましては、従来から就職差別の解消に取り組んでいるところであります。

各企業の皆様方におかれましても公正な採用選考業務を進めておられることと存じますが、引き続き、これからの人材確保、明るい職場づくりのためにも人権を尊重のうえ採用活動を進めていただくようお願いいたします。

なお、採用選考時に下記の項目に関し、面接で訪ねて把握することや、身元調査を行うことは就職差別につながるおそれがありますので、十分ご理解いただきますようお願いします。

  • ① 「本籍・出生地」に関すること
  • ② 「家族」に関すること(職業・続柄・健康・地位・学歴・収入・資産など)
  • ③ 「住宅状況」に関すること(間取り・部屋数・住宅の種類・近隣の施設など)
  • ④ 「生活環境・家庭環境など」に関すること
  • ⑤ 「宗教」に関すること
  • ⑥ 「支持政党」に関すること
  • ⑦ 「人生観・生活信条など」に関すること
  • ⑧ 「尊敬する人物」に関すること
  • ⑨ 「思想」に関すること
  • ⑩ 「労働組合・学生運動など社会運動」に関すること
  • ⑪ 「購読新聞・雑誌・愛読書など」に関すること
  • ⑫ 「身元調査など」の実施
  • ⑬ 「新規大学等卒業予定者用標準的事項の参考例」又は「JIS 規格の様式例」に基づかない履歴書の使用
  • ⑭ 「合理的・客観的に必要性が認められない採用選考時の健康診断」の実施
ページ先頭へ戻る