地域ケア開発研究所
TOPページ
所長からのご挨拶
研究所のご案内
組織のご紹介
研究・活動
アクセスマップ
WHO災害と健康危機管理に関する看護協力センター
ホーム
センターについて
沿革
年間報告について
関連リンク
命を守る知識と技術の情報館
兵庫県立大学
TOPWHO災害と健康危機管理に関する看護協力センター ≫センターについて
メインイメージ

センターの名称
WHO災害と健康危機管理に関する看護協力センター
WHO Collaborating Center for Nursing in Disasters and Health Emergency Management


住所
地域ケア開発研究所 明石市北王子町13-71 兵庫県立大学明石看護キャンパス


センター長
増野園惠 兵庫県立大学地域ケア開発研究所所長


センターの目的


1.災害リスクマネージメントにおける人々の健康に関する研究の推進


2.災害リスクマネージメントの中長期における看護師や助産師の能力強化への貢献


3.地域のレジリエンスを高めるために、コミュニティーと共に防災・減災に取り組む看護師や助産師の能力強化


WHO協力センター(WHOCC)で行う具体的な協力内容
WHO協力センターで行う協力活動としては、上記の目的を達成するために、他のWHO看護協力センターや災害に関連するWHOCCと協力をしながら、研究や教育に取り組む予定である。また、WHOCC関連の会議への参加や、WHO看護協力センターのネットワーク会議の開催協力や参加、WHOが開催する災害関連の国際会議やワークショップに出席する。そして、WHOや日本が含まれるWPRO(WHO西太平洋地域)事務局と共に、世界で災害レジリエンスが高まっていくことに貢献していく。


WHO指定研究協力センターと看護分野について
  WHO指定協力センター(WHOコラボレーティングセンター)とは、WHOの方針と方策に基づき、国家、各国間、地域、地域間および世界レベルで、「保健領域での研究とその促進」をサポートする機関である。  WHO指定協力センターとしての指定の対象となりうるのは、WHOのプログラムと目的に関連する機能を遂行する能力のある機関、そして、高い科学的・技術的水準が既に国際的に認知されている機関である。  WHO指定協力センターのうち看護分野では、世界で36機関が認証されており、国内では、本研究所と聖路加国際大学(WHOプライマリーヘルスケア看護開発協力センター)が認証されているのみである。