地域ケア開発研究所
TOPページ
所長からのご挨拶
研究所のご案内
組織のご紹介
地域ケア実践研究部門
広域ケア実践研究部門
周産期ケア研究センター
研究・活動
アクセスマップ
WHO災害と健康危機管理に関する看護協力センター
ホーム
センターについて
沿革
年間報告について
関連リンク
命を守る知識と技術の情報館
兵庫県立大学
TOP ≫国際地域看護
国際地域看護 世界最高の健康水準に達した日本の経験を生かす
看護のグローバル化

国内外の地域に限らず、国・民族・地理風習・生活様式・文化の多様性・保健医療制度等の違いから生じた人々の身体的・社会的・精神的な反応や看護の在り方の違い等によるケアの障壁について、看護学の視点から研究をおこないます。実践では、在日外国人が抱える異文化適応の障壁を緩和し、健康測定や看護相談を提供する「国際まちの保健室」を大学院生や近隣の看護教員、外国支援団体等とも連携して定期的に開催しており、地域の文化・生活に根差し、東洋の保健予防の理論も取り入れた地域住民の自然力の推進を視野に入れたグローバルヘルスコミュニティの形成に目指しています。

遠隔看護 情報通信技術を手段とした看護ケアを実践
在日外国人の健康支援のための「国際まちの保健室」
日本にお住まいの外国人の皆様へ

「国際まちの保健室」は、兵庫県看護協会東播支部の「まちの保健室」事業として登録し、兵庫県立大学地域ケア開発研究所の看護教員が運営している健康促進室です。世界保健機関(WHO)が提唱された「世界中のすべての人々の健康を保持・推進する」という精神の元に、日本に住んでいる外国の方が日本人と同じように、生活習慣やこころの悩みなどについて何でも気軽に相談できる場所を提供します。「国際まちの保健室」では、血圧・体脂肪率・身長・体重・骨密度・動脈硬化度の測定を行います。また、必要に応じて他職種と連携してお子様からご高齢の方まで様々な健康についての相談を行います。申し込みの必要がありませんので、直接会場にお越しください。
参加費はすべて無料ですので、ご自身の健康増進を図るためにどうぞお気軽にご相談にお越しください。
後援:明石市国際交流協会

活動日時:毎月第二土曜日14時~16時(詳細日時と場所はスケジュール参照)
お問い合わせ日時:毎週月曜日~金曜日
お問い合わせ先は下記2通りです。
1.兵庫県立大学明石キャンパス地域ケア開発研究所国際地域看護領域
  TEL/FAX 078(925)9652 E-mail: shogyoku_go@cnas.u-hyogo.ac.jp
2.明石市国際交流協会:TEL:078-918-0044 Email: aia@aia-akashi.jp

≫国際まちの保健室(日本語PDF)
≫国際まちの保健室(中国語PDF)
≫国際まちの保健室(英語PDF)

報告書

平成26年度「国際まちの保健室」の在日外国人の健康支援活動に関する報告(PDF)
プライマリー・ヘルスケア(PHC)と看護 国際研修報告書、2004
インドネシア国「プライマリー・ヘルスケアと看護」研修フォローアップ調査報告書、2004
発展途上国の看護職者に対するプライマリー・ヘルスケア(PHC)研修評価、2001
「プライマリヘルス・ケア(PHC)と看護」研修 総合評価報告書、2005

地域看護コーディネーター
その他

2004年度JICAニカラグアグラナダ「地域保健強化プロジェクト」カウンターパート研修(PDFファイル)
災害看護ーこころのケア文献(PDFファイル)

主な活動
主に三つの実践・研究活動をしています
  • 日本の地域に生活している在日外国人の異文化適応への促進活動の実施
  • 国際社会の高齢化問題に対応する方法の1つとして、高齢者のADL自立度に影響を与える東洋の儒教文化を理解し、日本と中国における要介護高齢者及び介護者を一単位とした「過剰介護予防」プログラムの開発
  • 看護環境において対象者の多様化及び看護のパートナの多様化に適応するための看護モデルの探求
2014年度
1月 平成26年度「国際まちの保健室」の在日外国人の健康支援活動に関する報告(PDF)
2013年度
4月 日中医学協会と共同企画:「漢方医学と健康」講演会の開催
11月 日本国際保健医療学会:国際地域看護研究会が自由集会主催(「日本で働いている外国人看護師からみた日本の看護」
→詳細
1月 「国際まちの保健室」の記事が神戸新聞に掲載
2012年度
9月 「国際まちの保健室」の開設、
明石市国際交流協会と協働で在日外国人の健康への支援活動の開始
→当時の記事
中国湖北中医薬大学看護学院院長胡慧教授を迎え、本研究所の客員研究員として6ヶ月間での共同研究
→共同研究報告書
11月 看護学部と共同企画で、中国湖北中医薬大学看護学院院長胡慧教授による
「中医看護における軽度認知症の予防」の講演会の開催
その他
6月8-10日 “これから国際看護を目指す看護職の方へ”
日本看護協会神戸研修センター主催、「世界の健康問題と国際看護活動」研修にコーディネーター・講師として参加(詳細は→)
7月 JICA草の根技術協力事業(地域提案型)
「地域分権時代の地域看護強化事業―地域看護コーディネーターの育成―」の事前調査(インドネシア)
9月 「地域看護コーディネーター」国内研修開始
インドネシア研修員の受け入れ(1ヶ月)
11月5-6日 第20回日本国際保健医療学会総会(東京大学)
国際地域看護研究会が自由集会主催
2月 「地域看護コーディネーター」研修のフォロー調査実施(インドネシア)
その他
6月9-11日 日本看護協会神戸研修センター主催、「世界の健康問題と国際看護活動」研修にコーディネーター・講師として参加
7月5-9日 JICAニカラグア グラナタ「地域保健強化プロジェクト」カウンターパート研修、研修員4名受入
8月2-21日 「PHCと看護」研修の評価調査(インドネシア:森口)
8月28日-9月12日 カンボジア三角協力プロジェクトフォロー調査(カンボジア: 阿部山)
10月9-10日 第19回日本国際保健医療学会総会(東京:国際協力総合研修所)
国際地域看護研究会が自由集会主催「国際協力の体験は日本の看護に役立つか」
12月11日 第2回アジア災害看護フォーラム開催
2003年度
6月10日 文部科学省と世界銀行主催、国際開発協力のための大学特別セミナーに参加(京都)
6月11-13日 日本看護協会神戸研修センター主催、「世界の保健と看護活動」研修にコーディネーター・講師として参加
8月21-9月21日 インドネシア「PHCと看護」研修の実施(研修員4名の受入)
9月24日 「PHCと看護」研修評価会・閉講式に参加
10月11日 第18回日本国際保健医療学会、第44回日本熱帯医学会(合同開催)
国際地域看護研究会が自由集会を主催「ここが変だよ!日本の保健医療と看護~途上国からの提言~」
11月25日 大阪市立大学・日本貿易振興機構アジア経済研究所共済公開講座参加
シリーズ第11回 アジア諸国との共生に向けて「アジア地方分権の現在(日本・フィリピン・タイ)
2月5-20日 「PHCと看護」研修フォローアップ調査・南スラェシ州地域看護セミナー/ワークショップの開催と参加(インドネシア)
2月27日 「PHCと看護」研修フォローアップ調査報告会(JICA兵庫国際センター)
3月6日 日本国際保健医療学会西日本地方会第22回大会開催(兵庫県立看護大学:参加者129名)
リンク集

看護関係

学会

国際医療協力団体

このページのTOPへ