地域ケア開発研究所
TOPページ
所長からのご挨拶
研究所のご案内
組織のご紹介
研究・活動
アクセスマップ
WHO災害と健康危機管理に関する看護協力センター
ホーム
センターについて
沿革
年間報告について
関連リンク
命を守る知識と技術の情報館
兵庫県立大学

TOP ≫研究・活動

研究活動
災害看護
災害看護
仮設住宅内に冷暖房はないため、体感温度を下げるため、日よけの黒いシートを仮設住宅の両側に貼っている

災害は、いつでもどこでも、そして誰にでも起こります。しかし、発生予測のたてにくさから災害への備えは整いにくいといわれています。 災害看護では、災害看護に関連した知識を蓄積し災害時に機能する看護支援ネットワークの構築を試みています。また、災害看護教育の内容や体制も検討しています。 これらの活動を通して、災害看護学に関連した研究を一貫して行い、災害看護学の知識体系の拠点となることを目指しています。 また、文部科学省の21世紀COEプログラムに、本学看護学部の「ユビキタス社会における災害看護拠点の形成」が採択され、災害に強い地域形成への貢献や災害看護学構築への貢献、 誰もがいつでもどこでも災害情報を入手できるような情報ネットワークの形成、災害看護専門家の育成などに取り組んでいます。 さらに、WHOのコラボレーティングセンターとして機能し、国際的な災害看護研究拠点となることを目指しています。

国際地域看護 国際地域看護

国際地域看護では、国際的に地域保健・地域看護の共通基盤であるWHOの提唱するプライマリ・ヘルスケアの考え方と現在世界最高の健康水準に達した日本の経験を生かして、アジア地域の看護職者や教育・研究者の研修の受け入れや共同研究を行います。 将来的には、本研究所を基地にアジア地域の看護職が連携し情報交換や共同研究をして、アジアの特性を生かした持続可能で健康なコミュニティ作りを目指しています。 また、国内の国際地域看護の実践者や研究者との研究会や、国際協力に関心のある看護職者への情報提供や研修も行っています。

まちの保健室 まちの保健室

まちの保健室では、地域の子供から高齢者まで不特定多数の市民を対象に、人々が抱える様々な健康問題、例えば出産・子育て・病気・心の健康・生活習慣病・介護等様々問題を、身近な看護職に相談できる場と機能を果たしています。本研究所では兵庫県看護協会東播支部活動と連携したボランティア看護師による「一般まちの保健室」と、看護教員が主催する「専門まちの保健室」・「国際まちの保健室」を実施しています。看護の専門性を活かし、専門分野における特定の相談に応じ、地域社会への看護サービスの向上を図るとともに、研究的要素を取り入れながら関わることで、地域看護ケアを開発し、地域住民に還元することを目的として取り込んでいます。
また、このような活動を行う看護職者に対して研修を実施したり、相談に応じるなどの支援を通して一層のレベルアップを目的とした生涯教育の機能も果たしています。

周産期ケア研究センター 周産期ケア研究センター

周産期ケア研究センターは、兵庫県立尼崎総合医療センター内に設置され、兵庫県立大学地域ケア開発研究所と兵庫県立尼崎総合医療センターの連携のもと運営されています。周産期ケア研究センターでは、科学的根拠に基づく看護・助産ケア方法の開発とともに、質の高いケアを提供できる看護職の育成に取り組んでいます。周産期とは、出産前後にあたる妊娠22週から出生後7日未満と定義されていますが、一般的にはより広範囲となる妊娠・出産・産後の時期を指しています。そこで、周産期ケア研究センターでは、子産み子育ての時期にある女性や、これらの女性を支える家族などをケア対象と捉えています。本研究センターで行う研究は、女性やその家族たちが抱える健康課題・問題の解決につながる看護ケアを開発、提供し、その効果を明らかにするものです。