DNGL

DNGL:災害看護グローバルリーダー養成プログラム




災害看護グローバルリーダーの育成への取組み

近年の災害は多様化、複雑化、更には長期化しており、国境を越え相互に関連し人々の生命・生活に深刻な影響を及ぼしています。そのグローバル化した問題に対処していくためには、従来の国家を中心に据えたアプローチだけでは不十分になってきており、社会の新しいコンセプトとして様々な主体及び分野間の関係性をより横断的・包括的に捉える「人間の安全保障」が重要視されています。


私たちはこれまでも看護実践、研究、教育を行いながら災害看護学の体系的な構築を行ってまいりました。
2011年 3月に発生した東日本大震災においても、発災直後から、多くの看護師が現地へ行き、あらゆる年代の個人および家族、集団、コミュニティを対象に、健康増進および疾病予防から病気や障害を有する人へのケアを行い、今もなお復興に向け、地域で研究、教育なども含め幅広く活動しています。


しかし、これまでに経験したことのない規模と原発問題などで複雑化した事態の中で、多くの重要な課題も浮き彫りとなりました。
それは災害に立ち向かうには、分野を横断した問題が多く、その情報・資源も限られる中で全体を俯瞰し、様々な職種と協働する中での意思決定が必要ですが、そのリーダーシップを発揮する高度な人材が不在だったということです。


近い将来に発生が予想される南海トラフの巨大地震の可能性、更には自然災害だけではなく、テロや新型インフルエンザなど未曾有なものへの対策も急務であり、その為には、国際力、学際力を備えたイノベーティブなその人材育成が必要です。


そこでこれまで災害看護学を牽引してきた高知県立大学、兵庫県立大学、東京医科歯科大学、千葉大学、日本赤十字看護大学の国公私立の5大学院が一丸となり、人間の安全保障を共通理念とし、それぞれ蓄積してきた資源を共有し、日本や世界で求められている災害看護に関する多くの課題に的確に対応・解決し、学際的・国際的指導力を発揮し、人々の健康社会構築と安全・安心・自立に寄与する「災害看護グローバルリーダー」の育成に取り組みます。



>> 災害看護グローバルリーダー養成プログラム ウェブサイト <<


兵庫県立大学災害看護への取り組み