教育の特色

教育理念

豊かな人間性の形成により生命の尊厳を基調とした倫理観を身につけ、社会の人々に信頼される高い看護の専門的知識・実践力を有し、地域や国際社会の保健・医療・福祉の課題に柔軟に対応し、職業創造ができる看護職を育成します。

カリキュラムの概要

教育理念に基づいて,8項目のディプロマ・ポリシーを掲げ,カリキュラム・ツリーで示すような科目を設けて諸学問と看護学を有機的に結びつけながら学際的視野に基づいた看護実践力の育成を図ろうとしています。

ディプロマ・ポリシー

ディプロマ・ポリシーとは、卒業認定・学位授与に関する方針のことです。看護学部では、修業年限以上在籍し各学科所定の単位数を修得するとともに、以下の素養を身につけ、卒業判定審査に合格した学生に対して卒業を認定します。

1.人間、文化、社会、自然に関する幅広い教養を培うことによって豊かな人間性を育み、人としての権利を尊重して行動することができる。

2.主体的に学ぶ姿勢をもって変化する社会の様々な課題を発見し、その解決への道を他者と共に考え、行動することができる。

3.看護の基礎となる人間、健康、環境に関する知識や技術を体系的に修得することによって、科学的根拠に基づいた看護を実践することができる。

4.看護を必要とする人を全人的にとらえ、その人の痛みや喜びを分かち合うことによって、生命の尊厳を重んじた看護を実践することができる。

5.実践・教育・研究の場において看護専門職として活動するだけではなく、保健・医療・福祉等関連領域の専門職と学際的に連携することができる。

6.コミュニティを対象とした視点を養うことによって、地域生活者の健康問題に積極的に取り組みながら看護を実践することができる。

7.コミュニケーション能力を養い、グローバルな視野に立って世界の健康問題に取り組む姿勢をもつことができる。

8.看護の課題を探究する総合的な視野を培うことによって、看護学を発展させていく能力を養うことができる。

カリキュラム・ツリー

取得可能な資格

統合カリキュラムにおいて、全員看護師・保健師国家試験受験資格を4年間で取得できます。
■看護師国家試験受験資格
■保健師国家試験受験資格

助産師養成課程・教職課程を選択制で設けています。
■助産師養成課程:助産師国家試験受験資格ならびに受胎調節実地指導員認定申請資格
■養護教諭教職課程 (詳しくはリンク先をご覧ください。)