学びの特色

学びの特色

命の尊さを学び、人を守り支える

生命の尊厳を理解し、人間の喜びと苦しみを分かち合い、人権を尊重できる豊かな人間性を養います。様々な健康課題をもつ人々との出会いを通じて、人として成長することを応援します。

幅広い教養と多くの出会い

1年次から専門科目を配置し、看護を主体的に学ぶ姿勢を培います。

恵まれた教育・研究環境での豊かな可能性

教員によるクラス担任制度をとっており少人数の学生を教員が担当し、学生生活が安心して送れるよう細やかに支援します。大学院研究科、地域ケア開発研究所があります。

教育の幅広さ

保健師

本学は、兵庫県内で唯一、全学生が看護師と合わせて保健師免許を取得できるカリキュラムを実施します。

助産師

4年次に助産師教育のコアとなる専門科目を、講義・演習・実習の形態で履修します。
本課程を修了することにより、助産師国家受験資格ならびに受胎調節実施指導員認定申請資格の取得が可能となります。

他学部との交流

1年次は神戸商科キャンパスで他学部の学生とともに授業を受講します。 また、ひょうご県大特色科目として、全学部生から有志を選抜して実施される特別教育プログラムに参加し、幅広い視野を身につけることができます。

国際交流

海外語学研修

夏休み期間や春休み期間を利用して、本学が学術交流を協定している、英国、米国、中国、韓国の大学と交流します。海外での実践活動に触れたい学生には貴重な体験となっています。

地域との連携

看護を提供する場は、病院や施設内だけでなく地域の様々な場にますます拡大していきます。
本学では、そのようなニーズに応えるために、1年次からコミュニティを視野に入れた教育カリキュラムが充実しています。