看護学研究科からのメッセージ

大学院 看護学研究科概要

看護学専攻

本学の看護学研究科看護学専攻博士課程は、前期(修士)/後期(博士)の2課程からなっており、前期課程には、高度実践看護(CNS)コース、研究コース、次世代看護リーダーコースの3コースがあります。 前期課程における3つのコースと、後期課程における大学教育職や研究者の育成を併せ持つことにより、臨床実践と研究が有機的につながり、発展することを目指しています。

高度実践看護(CNS)コース

高度実践看護(CNS)コースは、専門看護師教育の認定を受けているコースであり、 高度で複雑な課題を解決するための看護援助諸理論を修得するとともに、専門看護師としての機能と役割を開発する諸理論、方法を学んでいきます。

研究コース

対象となる患者が直面する健康問題に関する知識を広く得た上で、その健康問題や看護の課題に探索的に取り組む能力を修得していきます。

次世代看護リーダーコース

保健・医療・福祉などのさまざまな実践現場において看護を実践する中で現状に問題意識を持ち、変化を起こしたいと考えている意欲ある実践家(看護専門職)が、実践の場でリーダーシップを発揮していくために必要な能力を修得することを目指します。 本コースの詳細はこちらをご覧ください。

共同災害看護学専攻

過去の学位論文のテーマ

キャリアパスにおける大学院のイメージ