博士前期課程(修士)

博士前期課程カリキュラムの概要

本学の博士前期課程では、各専攻分野ごとの「分野別専門科目」の他に、看護学共通科目、看護学関連教養科目、分野別共通科目において、多彩な講義科目を提供しています。


区分 講義科目必要単位数
看護学共通科目 実践看護論、看護学研究法Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ 4~6単位以上
看護学関連教養科目 哲学的人間学Ⅰ、心理療法原論、 保健経済学、保健統計学、臨床疫学、保健福祉学、ケア文学論、運動処方論、生涯学習論、国際保健学、社会文化人類学、英語エッセイの書き方 2~6単位 以上
分野別共通科目 看護倫理、看護と保健政策、看護教育論、看護管理、地域保健活動論、看護コンサルテーション、看護ヘルスアセスメント、家族看護学、臨床病態診断学特論、看護病態学特論Ⅰ、ベッドサイドの臨床薬理 4~16単位以上
分野別専門科目

分野毎に異なります。
詳細は履修モデルをご覧下さい。