教育理念 ・目標

研究科の理念

本研究科は、人間の尊厳を基盤とし、保健医療福祉をとりまく環境の変化に斬新、創造的かつ先駆的に対応できる専門知識と技術をもった人材を育成し、 実践と研究をとおして看護学の発展に寄与することを理念としています。

修士課程(博士前期課程)

修士課程においては、広い視野にたった看護学の精深な学問を授け、 高度な専門性を有する看護の実践能力や研究者としての基礎能力を養い、国内はもとより外国において活躍しうる人材の育成を目的としています。 専門看護師をはじめ、看護管理や政策および看護教育の領域での高度な専門職業人を育成します。

特徴
  • 高度な専門的知識と援助技術の開発
  • 高度な政策的・管理的能力の開発
  • 国際的看護貢献能力の開発
  • 学術的研究の推進
  • 学際的な視野を育む高等教育科目の配置

博士課程(博士後期課程)

博士後期課程においては、高度な研究能力およびその基礎となる豊かな学識を養い、 日本国内外の看護学の分野において、広い視野のもとに自立して看護学を研究できる人材の育成、 特に創造性豊かで高度な研究能力を有する人材の育成を目的としています。

特徴
  • 実践的研究者の育成
  • 生涯にわたる健康上の課題に関する看護研究の開発(生涯健康看護分野)
  • 看護基礎領域の研究の開発(看護基礎科学分野)
  • 看護を取り巻く環境や地域、組織管理などについての看護研究の開発(広域健康看護分野)
  • 災害看護学の構築(広域健康看護分野)
  • 研究者としての基盤と学際的な視野を考慮した共通科目の配置

3つのポリシー

本研究科は二つの専攻を持ち、それぞれの目指すところを追求しようとする意欲的な人を求める。教育理念として、人間の尊厳を基盤とし、保健医療福祉をとりまく環境の変化に斬新、創造的かつ先駆的に対応できる人材を育成し、実践と研究をとおして看護学の発展に寄与することを目的としている。

アドミッションポリシー(求める学生)

本研究科は、教育理念に基づき、各専攻の特性に沿って以下のような人を求める。

[看護学専攻]

博士前期課程

  • 看護学の基礎的な能力を有する人
  • 倫理的感受性をもって保健・医療・福祉の状況を捉え、柔軟に行動できる人
  • 論理的思考をもって看護学の知識を自ら学んでいくことができる人
  • 国内外において、看護学や看護実践の発展に寄与する意欲のある人

博士後期課程

  • 広い視野で看護の課題を探求していこうという姿勢がある人
  • 積極的、創造的に対応し、看護学の発展に寄与する意欲のある人
[共同災害看護学専攻]
  • 災害看護グローバルリーダーとしてのビジョンを持っている人
  • 災害看護グローバルリーダーとしての活動にコミットメントでき、その能力を伸ばしていくことができる人。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

本研究科では、教育理念に基づきそれぞれの専攻やコースの特性に沿って科目編成を行っている。
基本的に大学院レベルの国際・学際的教養を身につけ、看護学を精深に理解し、さらにそれぞれの専門性を深められるよう、カリキュラムを工夫している。

[看護学専攻]
  • 博士前期課程では、生涯健康看護分野、看護基礎科学分野、広域健康看護分野において、高度実践看護コース、研究コース、次世代看護リーダーコースを開設する。
    カリキュラムは、看護学の基盤となる理論や研究に関わる知識を教授する看護学共通科目、研究者・専門職としての高度教養を教授する看護学関連教養科目、高度実践看護において共通して必要となる知識を教授する分野別共通科目、分野毎の専門性を高める分野別専門科目から編成する。専門領域別及びコース別に、履修モデルを示している。
    • 高度実践看護コースでは、専門看護師養成を目的として、以下の科目を配置している。
    • ① 専門看護師に共通して求められる能力に関わる科目、臨床における看護の役割の拡大を考慮して設置された科目などを履修する。
    • ② 各専門領域において、対象の特性に応じて健康問題を分析・評価する科目を履修し、専門領域における高度実践を実現するために、臨床現場での実習を履修する。
    • ③ 必要な看護方法を開発するための臨床研究の能力を得るための科目を履修する。
    • 研究コースでは、研究者養成を目的として、以下の科目を配置している。
    • ① 看護現象を焦点化するための専門領域に関連する科目を履修する。
    • ② 調査・研究を倫理的に立案・計画・実施する能力を養うための研究方法論等に関する科目を履修する。
    • 次世代看護リーダ―コースでは、さまざまな臨床現場で遭遇する看護の組織的課題を解決するための5つの能力-状況分析評価力、戦略的組織構成力、組織的行動力、人材開発育成力、看護を創造発展させる力の育成を目指して、以下の科目を配置している。
    • ① ヘルスケア領域における組織や戦略的計画、人材開発育成に関する基礎的科目を履修する。
    • ② 組織が実際に抱える課題を解決するプロジェクトの計画・遂行を支援する科目を履修する。
  • 博士後期課程においてはそれぞれの領域において自立して研究できる人を養成することを目的とし、分野は生涯健康看護分野、看護基礎科学分野、広域健康看護分野の専門に分かれる。生涯健康看護分野は6つ、看護基礎科学分野は4つ、広域健康科学分野は4つの専門領域から構成されている。科目は看護学共通科目、専門分野別科目、博士論文支援科目で編成されている。
    ① 看護学共通科目では看護現象の理論化を図り研究の基盤を固めるために、理論看護学、研究法を履修する。さらに、統計学や哲学的人間学が履修できる。
    ② 専門分野別科目ではそれぞれの専門領域ごとに特論科目2単位、演習科目4単位を履修する。
    ③ 博士論文支援科目として、英語論文の書き方、研究計画ディベロップメントⅠ・Ⅱを設置し、博士論文の精度の向上に役立てる科目を履修する。
[共同災害看護学専攻(5年一貫制博士課程)]
  • カリキュラムは、災害看護学の基盤となる「看護学の学問基盤に関する科目群」と「災害グローバルリーダーに必要な学際的な科目群」、災害看護学を学問として構築する能力を養うための「災害看護学に関する科目群」、災害看護学に関する専門的な実践や研究、グローバルリーダーとしての機能・役割を身につけるための「災害看護学演習」、「災害看護学実習」および「災害看護学に関する研究支援科目群」の6つの科目群によって構成する。
  • 本研究科提供科目に加え、他の各構成大学院(「高知県立大学大学院看護学研究科」「千葉大学大学院看護学研究科」「東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科」「日本赤十字看護大学大学院看護学研究科」)から、それぞれ10単位以上の履修ができるように必要な科目を配当している。
  • 学修の過程で、その成果を確認するためにPreliminary Examinationと Qualify Examinationを実施する。
  • 構成大学院の専任教員による研究指導体制の下、災害看護学に関連する理論、高度な実践や研究についての知識を統合し、災害看護学の「博士論文」を作成できるように科目を編成する。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

本研究科博士課程に所定の期間在学し、看護学及びその関連開設科目を履修して修了要件となる単位数を修得するとともに、学位論文の審査及び最終試験に合格した次の要件を満たす者に、学位を授与する。

[看護学専攻]

博士前期課程

  • 博士前期課程(修士課程)は、臨床現場における看護実践の改革者および研究者の養成を目的としており、下記の能力を身につけた者に修士(看護学)の学位を授与する。学位の英語表記はMaster of Science in Nursingとする。
    • (1)高い倫理観を基盤とした看護の高度な実践能力や研究者としての基礎能力を有している。
    • (2)リーダーシップと調整力を発揮し、事態への対処と問題解決が行える能力を有している。
  • 博士後期課程は、高度な研究能力及びその基盤となる豊かな学識を養い、国内外の看護学の分野において、広い視野のもとに自立して看護学を追究できる人材の養成を目的としており、下記の能力を身につけた者に博士(看護学)の学位を授与する。学位の英語表記はDoctor of Philosophy in Nursingとする。
    • (1)卓越した研究ならびに学習成果を上げ、広く学際的視点から各専門領域での看護学の構築に寄与できる能力を有する。
    • (2)専門領域において指導性を有し、俯瞰的、独創的事業や研究・指導ができる能力を有する。
[共同災害看護学専攻(5年一貫制博士課程)]

5年一貫制博士課程(共同災害看護学専攻)は、災害看護のグローバルリーダーの養成を目的としており、下記の能力を身につけた者に博士(看護学)を授与する。学位の英文表記はDoctor of Philosophy in Nursingとし、DNGL:Disaster Nursing Global Leaderを付記する。

  • 人間の安全保障を理念として、いかなる災害状況でも「その人らしく健康に生きる」ことを支援することができる能力を有する。
  • 卓越した研究並びに学修成果をあげ、グローバルな視点及び学際的な視点から災害看護学の構築に寄与できる能力を有する。
  • 災害サイクルのすべての段階を踏まえて、災害看護に関する専門性と指導性を有し、俯瞰的、独創的事業や研究ができる能力を有する。
  • 災害看護の高度な専門性と高い倫理観を有している職業人として、災害サイクルの段階を熟知し、卓越したリーダーシップと調整力とを発揮して、事態への対処と問題解決が行える能力を有する。
[看護学研究科 学位論文審査基準]

兵庫県立大学看護学研究科は、学位論文について、研究科のディプロマ・ポリシーに基づき、以下の基準により総合的に判断する。

    (博士前期課程の評価基準)
  • 看護学への貢献が明らかなものであること。
  • 研究の背景・意義について、先行研究も検討した上で整理されていること。
  • 研究計画・実施に際して十分な倫理的配慮がなされていること。
  • 研究結果に基づき、論文として一貫した論旨で構成されていること。
  • 研究成果において独創性及び発展可能性を有すること。
  • 審査会において、発表や質疑応答の回答内容が適切であること
    (博士後期課程の評価基準)
  • 看護学への貢献が明らかなものであること。
  • 研究の背景・意義について、先行研究も検討した上で整理されていること。
  • 研究計画・実施に際して十分な倫理的配慮がなされていること。
  • 独自の研究結果に基づき、論文として一貫した論旨で構成されていること。
  • 研究成果において新規性があり、高度な学術的価値を有すること。
  • 審査会において、発表や質疑応答の回答内容が適切であること