大学院博士後期課程

博士論文作成プロセス

1.博士論文の指導方法

博士論文の指導は、指導教授が定期的に個別指導で行います。 加えて、講義や研究計画発表会において、他の教員からの指導の機会を設け、 論文の質を高められるように支援していきます。

2.博士論文作成プロセス

所定の授業科目の履修と研究指導を経て、博士論文の作成に取りかかっていきます。 博士論文の作成が計画的に進んでいくよう、各学年ごとの 進度目標を参考に、個別指導をしていきます。