地域連携・社会貢献

COC事業関係情報

文部科学省補助事業「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」の実施について

「地域再生の核となる大学(COC=Center of Community)」を目指す大学に、文部科学省が補助を行う「地(知)の拠点整備事業」に兵庫県立大学が採択され、平成25年8月30日付けで交付内定を受けました。
全国の国公私立大学(高専を含む。)から319件(342大学等)申請があり、6倍の競争率のなかから52件(56大学等)が選ばれたものです。
兵庫県立大学は、この補助事業を活用しながら、兵庫県下全域で6つのプロジェクトを展開し、一層社会貢献を進めていきます。

【兵庫県立大学の事業概要】
  • 名称 「ひょうご・地(知)の五国豊穣イニシアティブ」
  • 事業内容(別添参照) 兵庫県及び地元自治体(11市町※)と連携して6つのプロジェクトを展開し、地域課題の解決を図りながら、これらのプロジェクト・フィールドを活用した教育プログラム(地域連 携教育ユニット)の開発を行う。
  • 事業期間  5年間(平成25年度~平成29年度)
  • 国庫補助費 平成25年度 55,490千円(申請額ベース)
  • 事業開始時期 平成25年9月
  • ※ 連携する自治体:神戸市、姫路市、尼崎市、洲本市、豊岡市、篠山市、養父市、丹波市、南あわじ市、淡路市、佐用町

▼詳しくはこちら▼(別ウィンドウで開きます)
地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)特設サイトバナー

(参考)文科省「地(知)の拠点整備事業」の概要

  • 対象事業
    国公私立の大学等が、自治体と連携し、地域の課題(ニーズ)と大学等の資源(シーズ)のマッチング等により、地域と大学等が必要と考える取組を全学的に実施するなど、全学的に地域を志向した教育・研究・社会貢献を行う事業を対象とする。
  • 補助金額等
    (1) 補助金基準額 58,000千円(初年度・年間、これを超える場合は自己負担)
    (2) 補助期間 最大5年間(3年目に中間評価を実施)
    (3) 経費の範囲 物品費、人件費・謝金、旅費、その他(教育研究経費、外注費など)
ページ先頭へ戻る