地域連携・社会貢献

平成30年度教員免許状更新講習

平成30年度「教員免許状更新講習」を開講します

教員免許更新制は、その時々で教員として必要な資質能力が保持されるよう、定期的に最新の知識技能を身につけることで、教員が自信と誇りを持って教壇に立ち、社会の尊敬と信頼を得ることを目指すものです。本学は県内各地に整備された恵まれた教育環境のもと、各分野プロフェッショナルの講師陣による「平成30年度教員免許状更新講習」を開設します。

※本年度の募集は締め切りました。

平成30年度受講対象者

今年度の受講対象者は下記のとおりです。

旧免許状(平成21年3月31日以前に授与された免許状)をお持ちの方

[表1] 教員免許状又は養護教諭免許状を所持する教育職員等(※栄養教諭を除く)

生年月日 修了確認期限
昭和38年4月2日~昭和39年4月1日
昭和48年4月2日~昭和49年4月1日
昭和58年4月2日~昭和59年4月1日
平成31年3月31日
昭和39年4月2日~昭和40年4月1日
昭和49年4月2日~昭和50年4月1日
昭和59年4月2日~
平成32年3月31日

[表2] 栄養教諭免許状を所持する現職教員等

栄養教諭免許状を授与された日 修了確認期限
平成20年4月1日~平成21年3月31日 平成31年3月31日

新免許状所持者(平成21年4月1日以降に初めて授与された免許状)で免許状に記載されている「有効期間満了の日」の2年2ケ月前から2ケ月前の方

また、今後教員になる可能性が高い者として、

  • 教員採用内定者
  • 教育委員会や学校法人などが作成した臨時任用(または非常勤)教員リストに登載されている者
  • 過去に教員として勤務した経験のある者
  • 認定こども園で勤務する保育士
  • 認可保育所で勤務する保育士
  • 幼稚園を設置する者が設置する認可外保育施設で勤務している保育士
も更新講習を受講することができます。

詳細については、文部科学省のホームページを必ず参照してください。

文部科学省ホームページ

平成30年度講習実施概要(選択領域)

各講習の時間割・担当講師・アクセス・講習当日の留意事項等は、「受講のご案内」に記載しています。下表の講習名をクリックしてご覧ください。

講習名〔領域〕 講習のポイント 主な対象者 定員 開講日
〔選択〕
教育現場でのマネジメント
受講のご案内
生徒のやる気を高めるにはどうすればよいか、効果的な授業方法とはどのようなものなのか、教育目標の実現に向けて教育課程をいかに実践・運営していけばよいのか、などについて、“マネジメント”の観点から論じる。
教科指導・生徒指導に関する一般論的な内容なので、担当教科は限定しない。
校種:中学校・高等学校
職種:教諭
50名 7月21日(土曜日)
〔選択〕
学校における防災教育の基礎
受講のご案内
児童・生徒に対する防災教育に関する基礎的知識の習得を目的とし、以下の内容について講義する。
  • 防災教育の目指す教育目標等について説明する
  • 防災教育に求められる視点について説明  する
  • 災害発生のメカニズムの理論:災害メカニズムの理論について、分かりやすく説明する
  • 防災・減災のための情報活用:防災・減災のための情報の活用に関する実例を紹介する
  • 防災教育教材の体験:カードゲームなど、防災教育に役立つ教材について実際に体験する
校種:幼稚園・小学校・中学校・高等学校
校種:教諭・養護教諭
80名 8月3日(金曜日)
〔選択〕
学校における地域教育の基礎
受講のご案内
児童・生徒に対する地域教育に関する基礎的知識の修得を目的とし、以下の内容について講義する。
  • 「地域資源」とは?:地域資源を生かした地域教育の目標、効果等について説明する
  • 地域資源の活用について(3つのプログラムに分かれる)
    • A: 地域の自然資源活用‐地質・地形資源とその活用例
    • B: 地域の自然資源活用‐コウノトリの野生復帰と地域資源化
    • C: 地域の社会・文化資源活用‐歴史遺産
  • A、B、Cのプログラムごとに地域資源の活用についての実習・演習を行う
校種:幼稚園・小学校・中学校・高等学校
職種:教諭
36名 8月3日(金曜日)
〔選択〕
食の安全性を考える
受講のご案内
食の安全性をテーマに、食中毒と有害物質、食のアレルギーについての講習を行う。
  • 食中毒(微生物、動植物によるもの)の要因と対策(有満准教授)
  • 食品汚染物質(かび毒、残留農薬などの有害化学物質、調理加工食品中の有害成分など)について(木村准教授)
  • 食物アレルギーについて最新の情報とともに概説する(伊藤教授)
校種:小学校
職種:栄養教諭・教諭
50名 8月9日(木曜日)
〔選択〕
科学の最前線 2018
受講のご案内
  • 兵庫県播磨科学公園都市にある大型放射光施設SPring-8では世界最高性能の放射光X線が得られる。SPring-8を用いたX線顕微イメージングを解説する(篭島教授)
  • 試料を急速凍結し、凍結状態のまま極低温で観察する研究手法としてクライオ電子顕微鏡法がある。生命科学において、生きた状態に非常に近い生体分子の構造と機能を解析することが可能となった(宮澤教授)
校種:中学校・高等学校
職種:教諭(理科担当)
50名 8月17日(金曜日)
〔選択〕
データを活用した地域学習入門
受講のご案内
統計データのグラフ表現手法の考え方や各グラフの長短を最初に講義する。次いで、地方創生の政策立案や、学校教育でも利用されている「地域経済分析システム(RESAS:リーサス)」を中心に、客観的データの使い方を演習形式で学ぶ。
また、実際に短時間のグループワークを行い、データを活用した教材づくりのあり方を考える。なお、本講習は、初級者向けに演習レベルを設定している。
校種:小学校・中学校・高等学校
職種:教諭(社会科及び情報関係の方。地域学習に関心のある方)
20名 8月20日(月曜日)

平成30年度兵庫県立大学 教員免許状更新講習募集要項

各講習内容、開設場所、申し込み手続き等についてまとめていますので、申し込みされる前に必ずご一読ください。

応募受付期間

平成30年4月2日(月曜日)~5月31日(木曜日)迄

申し込み書類は先着順で受付します。公平を期すため、募集期間以前にお申込みいただいても、登録は行いません。仮申し込み後、大学事務局より仮登録通知を受けられたら、正式申し込みの手続きを行ってください。受講決定通知送付時に受講料振込のご案内を同封しますので、期日までに指定口座に納付してください。なお、申し込み時に定員を超えている場合は、お申し込みをお断りすることがありますので、予めご了承ください。

受講料

6,000円/1講座
受講料納付期限日:平成30年6月15日(金曜日)迄

受講申し込みに必要な様式

ホームページからダウンロードしてください。

「学校における地域教育の基礎」受講を希望される方は、4.「学校における地域教育の基礎A・B・C」希望コース調査票をダウンロードしてください。

  • 仮申込書(PDFEXCEL):メール・Fax又は郵送にて申し込みください。
  • 受講申込書(正式申込用)(PDFWORD):郵送にて申し込みください。
  • 事前アンケート(PDFWORD):正式申込の際、同封してください。複数の講習を受講される場合は、講習数分を記入して同封してください。
  • 「学校における地域教育の基礎A・B・C」希望コース調査票(PDFWORD):豊岡ジオ・コウノトリキャンパス受講者のみ
  • 受講辞退届(PDFWORD):申し込み後に受講辞退される場合、必ず提出してください。
    ※仮申込み・正式申込みを問わず、申込後に受講者の都合でキャンセルされる場合は、必ず電話で本部教育改革課・教員免許状更新講習担当宛に連絡してください。電話連絡後、受講辞退届に必要事項を記入の上、メール添付、Faxまたは郵送してください。

履修証明書の送付

講習終了後、履修認定試験の合否結果に基づいて、遅くとも2ヶ月以内に履修証明書を発送します。試験の成績等に関して、メールや電話ではお答えできません 。

修了確認申請

講習を受講して履修証明書等を受領しただけでは更新手続は終了しません。必修領域6時間、選択必修領域6時間、選択領域18時間、合わせて30時間以上の講習を受講・修了した後、定められた期限までに免許管理者へ修了確認の申請を行う必要があります。期限までに手続きをされなかった場合、お持ちの免許は失効しますのでご注意ください。詳しくは、各都道府県教育委員会の教員免許担当課にお問い合わせください。

免許状更新講習に関するお問い合わせ先・書類送付先

兵庫県立大学教育改革課 教員免許状更新講習担当
〒651-2197 神戸市西区学園西町8-2-1
Tel : 078-794-6631(直通) ※土日祝日を除く9時00分~17時00分迄
Fax: 078-794-5575

   
ページ先頭へ戻る