国際交流・留学

海外短期インターンシップ

海外短期インターンシップ

グローバル教育ユニットで優秀成績を収めた学生を対象に、兵庫県の海外事務所へ海外短期インターンシップの派遣をしています。現在の研修先は、オーストラリア・パースの兵庫文化交流センターと、アメリカ・シアトルの兵庫県ワシントン州事務所の2か所ですが、シアトルでは看護学部生に限定して老人介護福祉施設で研修をすることも可能です。

海外事務所で担当する業務は、文化交流行事の準備・参加、英文の広報や調査資料の作成、Facebookなど事務所のSNSからの発信、事務所内の電話や事務補助などです。研修時期にあるイベント、学生の興味、関心などで研修内容が変わることもあり、自己研究課題に取り組む学生もいます。老人介護福祉施設では、お年寄りのアクティビティの補助を中心とする研修とともに、介護施設内で多様な医療関連業務を見学することができます。

海外短期インターンシップは無給で、渡航費用・滞在費用は基本的に学生の自己負担になりますが、海外短期インターンシップ派遣者には、渡航費の一部において大学から補助が支給されます。宿泊先は予算や希望に応じて自分で手配します。約1か月間の研修を行う場合の自己負担費用の目安は、シアトル、パースともに25万円~30万円程度です。「トビタテ! 留学JAPAN~日本代表プログラム」に応募し、奨学金を獲得して海外短期インターンシップに参加した学生もいます。

海外短期インターンシップでは自分で手続きを進めていきますので、手続きが始まる時からすでに研修が始まっています。研修先では現地の人々と接し、日本について説明する機会が多くありますので、一定レベル以上の英語の能力や社会性、行動力が求められます。帰国した時には、以前の自分よりも大きく成長した自分を実感できるはずです。海外短期インターンシップを目指す人は、グローバル教育ユニットに参加してください。

※グローバル教育ユニットからの参加者以外に、交換留学等で留学中の学生に対して無給のインターンシップを受け入れている海外事務所もあります。

参加学生レポート

平成27年度
シアトル
【シアトル】
パース
【パース】
ページ先頭へ戻る