国際交流・留学

平成29年12月13日

平成30年度後期(第9期)トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラムの応募について

官民協働海外留学支援制度平成30年度後期期(第9期)トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラムは、官民が協力して支援する留学奨学金プログラムです。応募する学生は、ウェブサイト「トビタテ!留学JAPAN」にある募集内容を確認の上、本学の応募方法に基づいて手続を進めてください。

学内応募締切 2018年2月1日(木曜日)
注)家計所得確認書類の提出は1月25日まで

申請するにあたっての要件

  • 兵庫県立大学・大学院の卒業又は学位取得を目的とした課程に在籍していること、また留学終了後も本学又は日本の大学・大学院に在籍し学業を継続すること。
  • 日本国籍を有すること、又は日本への永住が許可されていること。

他にも申請要件がありますので、第9期申請用の募集要項「9.派遣留学生の要件」をよく読んで、すべてに該当するか必ず確認してください。
家計の状況によって募集要項が異なる2つのコースに分かれます。自分がどのコースに該当するか早めに大学に確認してください。

第9期募集要項

  • 大学全国コース
    日本学生支援機構第二種奨学金の家計基準を超えない学生
  • 大学オープンコース
    日本学生支援機構第二種奨学金の家計基準を超える学生

留学開始期間

平成30年8月11日(土曜日)~平成31年3月31日(日曜日)の間に留学活動を開始する計画であること。

留学期間(実質的な留学活動をしている期間)

28日以上2年以内 「海外初チャレンジ応援」枠以外は3か月以上推奨

奨学金の内訳

  • 奨学金(月額)
    • 大学全国コース 地域により12万円または16万円*
    • 大学オープンコース 6万円(一律)
    • *大学全国コース奨学金の該当地域については、募集要項で確認してください。
  • 留学準備金(各コース共通)
    • アジア地域 15万円
    • 上記以外の地域 25万円
  • 授業料*(各コース共通)
    • 1年以内の奨学生 30万円
    • 1年超の奨学生 60万円
    • *語学の授業料のみの場合は、支援対象外。授業料支援の詳細については、募集要項で確認してください。

留学計画の要件

  • 留学先における受入機関がそれぞれの留学開始までに確保できること
  • 留学の目的に沿った実践活動が含まれている計画(実践活動のみの計画も応募可)
  • 留学先の受入れ先機関が、外務省の海外安全ホームページ上「レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」以上に該当する地域ではない計画

最終的な応募はオンライン申請で受け付けますが、応募を検討している人は、まず下のEXCELの準備用留学計画書をダウンロードして計画の作成を始めてください。留学計画書は本人が推敲するとともに、担当教員からも指導を受けてください。応募に関する相談のある人は、国際交流機構で受け付けます。

応募方法

1. ~1月25日(木曜日)家計所得確認書類提出

応募をされる方は、国際交流機構(本部教育改革課)に家計所得確認書類をご提出ください。

メール宛先: kokusai@ofc.u-hyogo.ac.jp (件名に「トビタテ!留学JAPAN応募」と必ず明記し、名前・学籍番号・学部・学年・連絡の取れる電話番号を本文に明記ください)

「大学全国コース」か「大学オープンコース」のどちらに該当するかを確認いたします。学部生は家族の家計支持者等の家計所得確認書類(下表を参照)、大学院生は本人の昨年分の源泉徴収票か確定申告書のコピーが必要です。日本学生支援機構の第一種または第二種奨学金を受給している人は、奨学生証のコピーを提出してください。

状態 必要書類(平成28年分)
給与所得のある方 源泉徴収票のコピー
無収入(専業主婦など) 所得金額0円と記載のある所得証明書または非課税証明書のコピー
自営業 確定申告書(第一表と第二表)のコピー
  • 準備用留学計画書も並行して作成に取り掛かってください。
  • メール送信後、1週間経過しても大学より連絡がない場合、電話にてお問い合わせください。
2. 2月1日(木曜日)までに以下の書類を提出

以下の書類を添付して、国際交流機構(本部教育改革課)(kokusai@ofc.u-hyogo.ac.jp)に提出してください(件名に「トビタテ!留学JAPAN応募」と必ず明記してください)。内容確認後、大学からオンライン申請用のコードをメール連絡します。

  • EXCELの準備用留学計画書
  • 自由記述申請書(未来テクノロジー人材枠については代わりに推薦状が必要です)
  • 受入機関からの許可証・受入を示すメール文(ある場合のみ)

    ※大学本部及び担当の教員で申請書類を閲覧します。内容によっては加筆・修正のため申請者に連絡をとることが想定されますので、メールをよく確認してすぐに対応してください。

3. 2月20日(火曜日)10時までにオンライン申請

自分で「トビタテ!留学JAPAN」のオンライン申請サイトにアクセスし、基本情報、留学計画書、自由記述書等必要書類をアップロードし、申請を済ませてください。

※大学本部で申請データを閲覧します。不備がある場合はコメント付きで申請者に差し戻しをすることが想定されますので、メールをよく確認してすぐに対応してください。

備考

平成29年度後期(第7期)からの主な変更点については、 下記のPDFを参考ください。

申請以降のスケジュール

書面審査:平成30年3月中旬~4月中旬
面接審査:平成30年5月12日(土曜日)、13日(日曜日)[東京]
採否決定:平成30年6月中旬
事前研修:

  • 平成30年7月30日(月曜日)、31日(火曜日)[関東会場]
  • 平成30年8月1日(水曜日)、2日(木曜日)[関東会場]
  • 平成30年8月4日(土曜日)、5日(日曜日)[関東会場]
  • 平成30年8月6日(月曜日)、7日(火曜日)[関東会場]
  • 平成30年8月9日(木曜日)、10日(金曜日)[関西会場]
  • ※留学前に1回事前研修を受けていただきます。

オーストラリア・クィーンズランド州留学枠の新設について

平成30年度後期(第9期)より、トビタテ!の支援を受けられなかった学生を対象に、オーストラリア・クィーンズランド州政府及び州内の各大学から別途奨学金を受けながら留学できるプログラムが新設されました。

申請方法について

申し込みは、トビタテ!オンライン申請時に行います。
オーストラリア・クィーンズランド州の大学からの奨学事業で、同州に留学する意思がある場合は、トビタテ!申請ページの「3.受入れ機関情報及びスケジュール」の「第2希望以降の受入れ機関を設定する理由」欄に必ず「トビタテ!オーストラリア・クィーンズランド州留学枠大学生等コースを希望する」と記載してください。記載がない場合は、希望しないものとみなします。なお、当プログラム単独での申し込みはできません。
詳細は下記のPDFをご覧ください

相談・問い合わせ先

応募に関して質問・相談のある人は、下記までご連絡ください。

国際交流機構(大学本部教育改革課)

担当:
ボリンジャー・徐
TEL :
078-794-6683
e-mail :
kokusai@ofc.u-hyogo.ac.jp
   
ページ先頭へ戻る