国際交流・留学

平成28年2月3日

各学部の国際交流事業取り組み紹介 平成27年度第23号

2015年度東南アジア研修実施報告②(経営学部)

経営学部は毎年東南アジア地域でフィールドワークを行っています。研修では現地学生との交流、企業訪問、観光地視察などを通し、近年経済成長著しい東南アジアの人々、文化、社会を自分の目で感じることができます。参加学生は帰国後もその経験を生かし、グローバル社会の一員として更なる挑戦を続けています。

こうした研修を実施できるのも、受け入れ先大学・企業からのご協力があってのことです。心より感謝申し上げます。

インドネシア研修
ベトナム研修
タイ研修
シンガポール・インドネシア研修

1.ベトナム研修

ベトナム
目的: ベトナム・ホーチミンにあるホーチミン大学日本語学科や日系企業を訪問し、交流を通じて①国際ビジネスの視点を持つこと、②異文化がビジネスに与える影響を理解すること、③実際のビジネスの中でどういう形で海外販売できる製品が開発されていくかを経験すること。
実施日程: 2015年9月21日~9月25日(4泊5日)
引率教員: 山口隆英
参加学生人数: 16名(経営学部3回生山口ゼミ)
参加費: 約20万円
研修内容: ホーチミン大学との交流ならびに現地日系企業訪問など
参加学生インタビュー:ベトナム研修インタビュー
山口ゼミのみなさん
インタビューに応じてくださった山口ゼミのみなさん

2.シンガポール・インドネシア研修

目的: 日本企業の海外子会社のフィールド調査を行うことで新興国におけるマーケティング戦略を学ぶとともに、研修を通じてよりグローバルな視野を獲得すること。
実施日程: 2016年1月7日~1月15日(7泊9日)
引率教員: 原田将
参加学生人数: 11名(経営学部3回生原田ゼミ)
参加費: 約20万円
研修内容: 現地日系企業訪問、淡水会ジャカルタ支部との交流など(本事業は学生主体の事業であり、学生が調査対象国や調査企業を交渉・決定)
参加学生インタビュー:シンガポール・インドネシア研修 インタビュー

インタビューに応じてくださった原田ゼミのみなさん

ページ先頭へ戻る