国際交流・留学

GLEPに関するQ&A

Q. GLEPとは何の略ですか?

A. Global Leader Education Programの略で、「ジーレップ」と呼ばれています。

Q. このプログラムでどのような力が身に付きますか?

A. 語学力はもちろんのこと、グローバル社会で活躍する上で必要な教養・能力が身に付きます。また、グローカルな視点で考え、社会の課題を発見しその解決に向けて主体的に取り組む力やリーダーシップが身に付きます。
2年次以降は、各学部の専門知識をグローバルな観点から学び、グローバル社会で活躍する上で必要な専門知識・技能が身に付きます。

Q. GLEPに入るには?

A. 経済学部の場合は、国際キャリアコース(IC)生となる必要があります。経営・看護・工・理・環境人間学部では、1回生であれば、誰でも応募できます。英語のみで実施される授業もあり、授業中の英語をある程度理解できる力は必要ですが、応募資格として一定の英語資格を必須としているわけではありません。大切なのは「自ら進んで学ぶ」という学修に対する姿勢と意欲です。

Q. 定員はあるの?

A. 合計104名で、学部毎に定員があります。下記は平成30年度の定員です。
経済学部:40名(ICコース生)、経営学部:15名、看護学部:7名、工学部:15名、理学部:12名、環境人間学部:15名

Q. 選考時期・方法は?

A. 募集は1回生のみ対象で、選考時期・方法は学部によって異なります。経済学部は4月の入学直後に国際キャリアコースの選抜があります。その他の5学部(経営・看護・工・理・環境人間)は、6月上旬が応募期間となります。
選考は提出された応募申請書や英語の資格試験の成績等を参考にします。GLEPに参加する意欲や英語力を確認するための面接を行う学部もあります。

Q. どのキャンパスで実施されますか?

A. 東地区(経済・経営・看護学部)の通常講義は神戸商科キャンパス、西地区(工・理・環境人間学部)の通常講義は姫路工学キャンパスで行われます。国内フィールドワークや海外研修などは東西合同で行われます。

Q. 学部の勉強との両立は可能ですか?

A. 両立可能な時間割が設定されています。GLEPを履修しない学生に比べて、履修単位数が増える学部もありますが、両立できるかどうかは本人の姿勢と意欲次第です。GLEPの先輩の中には、学部の勉強とGLEPを両立しながら、アルバイトや部活動を行っている人もいます。

Q. 英語だけで行われる授業はありますか?

A. GLEP生は、1回生時の通常の英語クラスに加えて、週に2回ネイティブ教員による英語のみの授業を履修し、最終的には学生自らが内容を考えた英語公開プレゼンテーションが出来るようになります。また、英語で専門科目を学ぶ機会が用意されている学部もあります。

Q. グローバル教養海外実践(海外研修)にはどのようなものがありますか?

A. 海外研修はフィールド学修を主体とした1~2週間の短期研修プログラムで、語学力や異文化理解などのグローバル教養を深めます。また、大学から一部助成金が出ます。
平成30年度派遣国(予定):
春休み:アメリカ(ワシントン州)、タイ、フィリピン、ラオス、中国(広州、香港、マカオ)
    オーストラリア

Q. 海外インターンシップとはどのようなものですか?

A. 大学の休暇期間を利用し、兵庫県立大学の海外事務所や教育機関等で4~6週間就業体験を行います。学生が自分でインターンシップ内容を企画します。
平成30年度インターンシップ派遣国(予定):
アメリカ(シアトル)、オーストラリア(パース)、フランス(パリ)、中国(広州)

Q. 国内で実施されるフィールドワークはありますか?

A. 講義等を通じてグローバルな視点から学んだことを、更にテーマごとに深める15人程度の少人数で行う国内フィールドワーク科目があります。

平成30年度実施科目(予定):

  • 「多文化を学ぶ」(日本の移民・海外への移住、多文化共生、国際協力・交流を学ぶ)
  • 「日本の歴史や文化を学ぶ」(世界遺産としての姫路城、兵庫の歴史、日本の伝統芸能を学ぶ)
  • 「日本の思想を学ぶ」(武士道を通して日本の文化やエッセンス、独自性を学ぶ)
  • 「先端科学を学ぶ」(最先端技術研究施設や企業の訪問を通してグローバルな素養を学ぶ)
Q. 通常授業や国内外のフィールドワークの他に、課外活動などはありますか?

A. 1回生の時に、オリエンテーション・キャンプを実施しています。また、留学生を交え、1日英語のみで実施されるワークショップや、教職員や先輩の海外体験を共有し、学び合う機会などが用意されています。それ以外にも、学生自らが様々な外国人と交流事業を企画し、自分達で実施・運営する機会もあります。

Q. 卒業後の進路は?

A. GLEP卒業生は、大手企業やベンチャー企業、公務員への就職、大学院進学など多岐に渡ります。看護学部の卒業生の中には、外国籍の患者さんを多く受けて入れている病院への就職や地域の保健師として活躍している人もいます。外資系企業や国際協力団体、NPO職員などを目指す学生もいます。

   
ページ先頭へ戻る