国際交流・留学

住宅補償

日本国際教育支援協会「留学生住宅総合補償」

民間のアパートやマンションなどを借りるとき、入居のための保証人が必要です。留学生がこの補償制度に加入することにより、保証人の精神的、経済的負担を軽くし、保証人を引き受けやすくすることができます。また、組み合わされている海外旅行保険によって、日常の賠償責任や偶然の事故による障害後遺障害も補償されますので、あやまって火災を起こして借用戸室に損害をあたえたり、水もれなどにより他人の物を壊したり、火災、爆発、水災などで家財に損害を受けた場合などでも補償されます。 詳しくは学務課/学生課に問い合わせてください。

補償対象者 補償内容 補償期間Aコース(1年間) 補償期間Bコース(2年間)
留学生 留学生賠償責任 5,000万円限度 5,000万円限度
傷害後遺障害 260万円限度 260万円限度
保証人 保証人補償 30万円限度夫婦用15室 30万円限度
保険料等負担金 4,500円 9,000円

全国大学生活協同組合連合会「学生総合共済火災共済」

下宿・アパート・寮などで一人暮らしの学生を対象に、卒業まで保障されます。掛け金など詳しくは兵庫県立大学生活協同組合に問い合わせてください。

保障内容 共済金額
借家人賠償責任保険
加入者の過失により火災や水もれ事故を起こし、大家から損賠賠償を請求された場合
1,000万円まで
家財の保障
火災・水ぬれ・風水害などで加入者の持ち物が損害を受けた場合
150万円まで
臨時費用見舞金
全焼・全壊のとき、上記の共済金のほかに給付
10万円
盗難家財保障
借用戸室内の家財を盗まれたり、壊されたり、汚されたとき
30万円まで
盗難現金保障
借用戸室内の現金が盗まれたとき
5万円まで
盗難借用戸室修理費用保障
部屋の窓ガラスや鍵を壊され、修理代を負担しなければならないとき
10万円まで
ページ先頭へ戻る