国際交流・留学

平成27年5月28日

H27年度国際交流だより第5号

インドネシア・ウダヤナ大学と大学間学術交流協定を締結しました

本学はこのたび、インドネシア・ウダヤナ大学と大学間学術交流協定を締結しました。

記念品の恵贈
記念品を恵贈する様子。
左から本学経営学部横澤先生、原田先生、ウダヤナ大学観光学部センドラ学部長、観光学部女子学生、マナンダ教授

ウダヤナ大学は1962年設立。インドネシア4大国立大学の一つで、国立インドネシア大学、国立ガジャマダ大学に次ぐ、名門大学です。インドネシア・バリ島の中心部に位置し、現在学生数18,000人、18の学部プログラムと12の大学院プログラムを有しています。バイオ、医科学、社会科学、観光学の分野で特に研究活動が盛んです。「グローバル社会を牽引する大学として“多文化共学環境(multicultural learning environment)の構築”が必須である」との考えから、近年世界各国からの留学生を積極的に受け入れています。

同大学との交流はこれまで、アジアとりわけ東南アジア地域の潜在的成長力に注目する経営学部が主体となり進めて参りました。経営学部の横澤先生が中心となって、同大学観光学部との間で研修旅行を実施し、これをきっかけに大学間学術交流協定を締結するに至りました(昨年度の東南アジア研修旅行の様子はこちらからご覧いただけます)。

今回の大学間協定により、両大学間のより活発でより幅広い交流活動はもとより、両大学をとりまくグローバルな環境への理解と取り組みが双方において一層推進されることを期待します。

ウダヤナ大学での集合写真
ウダヤナ大学での集合写真
横澤先生によるプレゼンテーション
横澤先生によるプレゼンテーション

グランドニッコーバリにて
グランドニッコーバリにて
バリの伝統舞踊鑑賞
バリの伝統舞踊鑑賞

(2014年度経営学部東南アジア海外研修より)

ページ先頭へ戻る