国際交流・留学

平成29年1月10日

平成28年度 国際交流だより第20号

留学生の先輩を囲んでの茶話会を開催しました

11月21日(月曜日)、本学経済学部・国際キャリア(IC)コースの主催で、国際セミナー「グローバルキャリアへの道―国際金融コンサルタントとしての起業の経験から」が開催されました(セミナーの様子はこちら)。セミナー終了後、講師のジョン・シュウギョウ(鄭州業)さん(TBLアドバイザリー香港CEO,TBL投資アカデミー日本代表, TBLアカデミーマレーシア代表)を囲んでの茶話会が国際交流サロンにて開催されました。茶話会での様子をお届けします。

講師のジョンさん 講師のジョンさん
談笑する出席者たち にぎやかな茶話会の様子

グローバル社会で自由多彩にご活躍 ジョン・シュウギョウさん

ジョンさんは、本学の前身である神戸商科大学(経済学科)に、韓国からの留学生として入学し、さらに大学院で経営学修士を修了した卒業生です。現在、国際金融コンサルタントをしつつ、投資教育やグローバルリーダーの育成セミナーも開催するなど、アジア各地で活躍されています。そんなジョンさんを囲んでの茶話会では、将来グローバルに活躍したい! と夢を描く学生、投資や起業に興味を持つ学生、日本語や就職活動に不安を抱える留学生から、次々と質問が飛び出しました。

ジョンさんに質問をする学生たち  質問に答えるジョンさん
学生からの質問にお答えくださるジョンさん

「どんなことをしたいか」「どんなことに興味があるのか」を大切に

留学生としての経験、韓国での兵役経験、就職難、転職、そして起業家として一人立ち―。多様な経験を乗り越えて来たジョンさんだからこそ伺ってみたい将来へのヒントは限りなく、学生だけでなく、同席した教職員も含め、サロンに集まった参加者全員がジョンさんのお話に惹き込まれました。

学生&ジョンさんによる一問一答

学生:「留学生として授業で一番苦労されたことは?
ジョンさん:「関西弁! 留学前日本語は独学で標準語しか覚えてなくて、いきなり関西に飛んできたから。さて、乗り越えた秘密は何でしょう? そう、吉本新喜劇!」

学生:「就職活動。どんなところにインターンシップに行かれましたか?
ジョンさん:「僕たちの時代にはインターンシップなんてなかった。しあわせだったなー笑。でもどんな時代のどんな就職活動にも大切なことってありますよね。自分はどんなことをしたいか、どんなことに興味があるのか。そのことをずっと追いかけてがんばれば、きっと道は開けると思うよ」

学生:「投資相談に乗る際、合わないクライアントはいますか? その場合どうされますか?
ジョンさん:「どうしても自分のスタイルとは合わないな、と思ったら、自分の知り合いなど別の方を紹介します。クライアントが持っておられる課題を最善の方法で解決すること。これが最優先。クライアントにとってベストな相談者が自分であるとは限りません」

笑顔とユーモアあふれる茶話会

吉本新喜劇から投資相談、グローバル社会で活躍するために必要な心構えや準備について。学生からの様々な質問に、丁寧且つ笑顔とユーモア全開でお答えくださったジョンさん。その温かい心遣いに教職員一同感謝すると共に、今後の益々のご活躍を心よりお祈りいたします。

質問する学生  ジョンさんの回答に笑顔の学生
スクサバン先生  瀬良先生
学生だけでなく先生方も笑顔に包まれました(写真左下:スクサバン先生、写真右下:瀬良先生)

いろいろな夢の持ち方や可能性の広げ方を見つけて

茶話会を企画いただいた経済学部国際交流委員会委員長松田陽子先生からのメッセージ:

「ジョンさんは、20年ほど前に私が日本語のクラスで教えた元留学生です。当時から、もっと勉強したい、もっとチャレンジしたい、という強い気持ちを持った人であると同時に、とても楽しい人でした。そんなジョンさんの成長ぶりを目の当たりにし、また、後輩のために忙しい時間を割いてセミナーをやってくれたのは、本当にうれしいことです。そして、本学がグローバルに羽ばたく人材を育てていることを実感しました。この会では参加した学生の皆さんに将来に向けてのいろいろな夢の持ち方や可能性の広げ方を示してくれたものと思います

笑顔の松田先生  ジョンさんと会話する松田先生
ジョンさんとの久しぶりの会話を楽しまれる松田先生(写真左)

国際交流サロンをご利用の際はお気軽にお問い合わせください:
大学本部グローバル教育交流センター 松坂 chiyomi_matsusaka@ofc-u.hyogo.ac.jp

ページ先頭へ戻る