国際交流・留学

平成29年2月10日

平成28年度 国際交流だより第22号

「トビタテ!留学JAPAN」第7期生募集イベント『トビタテ生との交流会』を実施しました

現在募集中の官民協働海外留学支援制度トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラムの第7期生は、2月16日に学内締切を迎えます。留学を考えている学生に「トビタテ」について理解を深めてもらうため、本学のトビタテ生による留学体験プレゼン、留学計画作成ワークショップなどを行いました。片田副学長や中西国際教育交流専門員もご参加いただき、参加学生へアドバイスをいただきました。

トビタテ生との交流会の参加者たち

トビタテの留学もスタイルはさまざま

留学を終えた本学のトビタテ生は4名います。留学のスタイルは個人の計画によって異なり、交換留学、インターンシップ、大学院のビジティングスチューデントなどさまざまで、トビタテ生は自分の留学中に学んだことや体験したことをプレゼンにまとめて語ってくれました。

プレゼンの様子
帰国したばかりの第4期生石塚昇路さんのプレゼン

計画作成ワークショップ-自分の軸を知る

トビタテ生1人に4人程度の参加者でグループになり、自分史を振り返りながらこれからの目標を設定していくワークショップをしました。自分のこれまでを振り返り、人に話すことで新たな気づきができた参加者もいたようです。

4~5人のグループに別れ、トビタテ生と意見交換する学生
自分の留学について意見の交換

ポスターの掲示

トビタテ生が発表したプレゼンをもとにポスターを作成し、掲示しました。一度聞き逃したことも参加者が確認をしたり、じっくりと計画をみることができました。

掲示されたポスターを看ながら内容を再確認
写真をみながら説明が聞けるのはわかりやすい!

トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラムへの応募してみませんか。元気いっぱいの計画書をお待ちしています。

グローバル教育交流センター・岩見田
Tel:078-794-6683

ページ先頭へ戻る