国際交流・留学

平成30年12月6日

平成30年度 国際交流だより第19号

海外留学経験者と希望者の交流会「第1回海外留学カフェ」を開催ました

海外留学及び海外インターンシップなどの活動経験者とこれから海外留学を検討したい学生さんとの交流会「第1回 海外留学カフェ」を12月3日(月)に開催しました。

Twitterやチラシ、今まで国際交流機構に問い合わせのあった方などに個別にメールで声をかけ、集まった人数は18人でした。

学生の方々から「素敵なお話ありがとうございます。私の時にも、ぜひあって欲しかった企画です」、「留学に際してあまり留学に関する情報を持っていないので、参加したいと思います」と、とても反応がよいお返事をもらいました。

また経験者側の方々も快諾してくれました。本当にありがとうございます。

先生や交流員に聞きにくい質問も先輩相手ならば同じ目線で気軽に質問できます。

そして、実際に経験した人のアドバイスというのはとても貴重なものなのです!
交流会では、事前の聞き取りにより3グループに分けました。
①トビタテ!留学JAPANグループ
②エバーグリーン州立大学グループ
 ※12月7日(金)まで交換留学生を募集中です
③東亜大学校グループ、オーストラリアのグループ
第1回海外留学カフェの様子その1
第1回海外留学カフェの様子その2

今回、初めての試みとしまして、他キャンパスからの参加希望者にオンラインのWEB会議ソフトを使用して、遠隔でつなぐという方法も試みました。

旧世代の交流員にとっては、「なんと!!」とびっくりするようなシステムではありますが、学生にとってはSNSビデオ通話の感覚で問題なく受け入れられる様子。

今回、この遠隔システムにて、淡路緑景観キャンパス、姫路工学キャンパスなど合計3名の参加者がありました。こちらはパソコン、参加者側はスマートフォンを利用してのWEB会議でした。

工学に関しては問題なく、音声ははっきりと聞こえ、映像も遅れることなくスムーズに使えました。

ただ、残念ながら、淡路緑景観キャンパスでは通信状況がよくないようで、音声がとぎれとぎれになり、断念しました。

以後、改善策を考えます。

うまくいけば、このシステムでは、2限、3限に授業があっても、お昼休みになればその場ですぐに参加可能!!キャンパスが様々なところに存在する本学にとっては救世主のようなシステムです。

国際交流機構にもIT革命がやってきました。今後、どんどん利用していきたいと思います。
参加者の皆さんといっしょに
海外留学カフェの感想より
「実際に(トビタテ)合格された方の話を聞けてとてもよい機会となりました。気さくに話せてよかったです」
「また是非、国際交流サロンにも呼んでください。本日はありがとうございました」
ご希望がございましたら、第2回の「海外留学カフェ」を開催しますので、どんどんご要望をお聞かせくださいね。

お問い合わせ:

国際交流機構(大学本部 教育改革課)

TEL: 078-794-6683
e-mail: kokusai@ofc.u-hyogo.ac.jp
   
ページ先頭へ戻る