国際交流・留学

2010年01月19日

国際交流だより 平成21年度第2号

ランチしながら国際交流♪「インターナショナルランチ」を実施しました!

みなさん、こんにちは。
兵庫県立大学国際交流センターの国際交流相談員の金盛です。
日頃、兵庫県立大学の各キャンパスを巡回し、留学生の皆さんの悩みや相談をお聞きし、ともに解決する相談業務を担当しています。
留学生の皆さんより、よく「日本人学生と仲良くなる機会が欲しい!」という要望をお聞きし、少しでもお役に立てればと思い、今回学園都市キャンパスで「インターナショナルランチ」を実施することになりました!
今回の国際交流だよりでは、インターナショナルランチ初回実施の様子をレポートします。

インターナショナルランチ初回実施の様子

2010年1月19日(火)12:00より第一回目のインターナショナルランチを実施しました。
実施場所は学園都市キャンパス学生食堂の一角です。パーテーションで場所を確保し、告知チラシをたくさん掲示していた為、事前に食堂内にいた学生達は興味津々な様子でした。12時を過ぎると学生食堂は学生や教職員の皆さんでごった返し始めます。  その中からポツリポツリと留学生の皆さんがテーブルに集まり始めました。

この日集まってくれたのは10名の留学生の皆さん。
残念ながら日本人の学生さんはチラシや宣伝には興味を持っていただいたものの参加者はゼロという結果でしたが、留学生同士が集まり、昼食を取りながら楽しいひと時を過ごすことができました。

【参加してくれた留学生の皆さん】

【会話が弾み、あっという間に1時間が過ぎました】

同じ国からの留学生でも、住む地域が違うと話す言葉や文化がまったく異なるというテーマを切り口に、参加した学生がそれぞれの母国について熱く語っていたのがとても印象的でした。
そして最も驚いたのは、皆の日本語力の高さ!
留学生から見た日本の独特の文化、日本人学生と留学生との違いなどをとても流暢な日本語で語りあっていました。

今回、残念ながら日本人学生の皆さんは不参加でしたが、食堂前で参加勧誘をしていた際に特に多かった意見は「英語も話せないし留学生とのコミュニケーションが不安…」という声です。
しかしながら、その不安に関しては「心配無用!」です。
留学生は大変高い日本語能力を持っていますので、会話のハードルはありません。留学生のみんなは交流を望んでいるという印象を受けました。

次回の学園都市キャンパスでのインターナショナルランチは4月以降の実施を予定しています(詳細はキャンパスの掲示板に掲示予定です)。
今後、留学生、日本人学生、教員の皆さんの積極的な参加をお待ちしています。


「インターナショナルランチ」実績

  • 実施目的:日本人学生と留学生が昼食を共に取りながら、交流を深めることを目的として実施した。
  • 実施主体:兵庫県立大学本部 国際交流センター
  • 実施日程:2010年1月19日(火)、26日(火)(試行実施。4月以降の開催日は未定)
  • 実施会場:兵庫県立大学学園都市キャンパス学生食堂内
  • 対象者:キャンパスに在籍している日本人学生、及び海外からの留学生
    (学部、大学院生、研修生、聴講生及び研修生)
  • 自己負担:各自の昼食
  • 実施内容:昼食を取りながらフリートーク形式
ページ先頭へ戻る