国際交流・留学

平成27年3月12日

国際交流だより 平成26年度第9号

曁南大学への交換留学体験をインタビューしました!

 兵庫県立大学は海外の学術交流協定校の一部大学と、相互に交換留学生の派遣・受入を行っています。
今回は中国・曁南(きなん)大学へ交換留学していた経済学部4回生の古田雄一さんに交換留学体験をインタビューしましたのでご紹介します。


留学期間 留学開始時の学年
交換留学生として2013年9月~2014年7月学部3回生(前期終了)
Q1 中国留学を思い立ったきっかけは?

 大学入学前から留学に興味があり、もともとはアメリカ留学をイメージしていたのですが、神戸商科キャンパスにはたくさんの中国人留学生がいて、なかでも曁南大学からの交換留学生は勉強熱心で、1年間の留学で日本語を相当なレベルまで上げて帰国していた姿が印象的でした。そんな優秀な学生が育つ中国の大学ってどんなところなんだろう?と興味がわきましたし、中国人留学生達との交流を重ねるにつれ、中国への関心も高まり、曁南大学への交換留学に応募しました。

Q2 留学前、中国語の学習はどのようにすすめましたか。1年間でどの位上達しましたか?

 中国語は1回生の時に1年間履修していましたが、その時はさほど興味がなく及第点レベルでした。2年生から興味がでてきて、毎日中国のテレビを見たり、インターネットで流行りの音楽を聞いたり、夏休み等時間のある時に単語を集中して覚えたり等、ほぼ独学でしたがインプットに努めました。そのおかげで、中国に行った時には普通の会話は出来るようになっていました。  
 留学後にHSK(漢語水平考試)の6級に合格しました。

Q3 曁南大学ではどのような授業を受けましたか? またどのような学生生活を送りましたか?

 1年間の交換留学はしたいけれど4年で卒業することを希望していたので、交換留学中も単位のことを考慮して履修登録しました。
 留学時点で専門教育の取得必要単位がまだ二十単位以上残っていました。県大の先生と相談し、交換留学の前期はまずは中国語の勉強に専念し、後期で単位互換が可能な専門科目を履修するプランを決めました。前期は曁南大学の華文学院で(外国人や華僑を対象とした)1回生の中国語の授業を受けました。前期でも単位はとりましたが、外国人向け中国語のクラスなので専門教育科目としては単位互換できませんでした。そして後期は午前に華文学院で(外国人向けの)学部3回生の授業を受け、正午のスクールバスに乗って本部キャンパスへ移動、午後は経済学の授業を受けていました。本部キャンパス(国際学院)の授業は英語で行われます。国際学院のクラスは、学生の出身内訳が中国本土と香港・マカオが3割ずつ位、外国人4割といった割合で国外学生がとても多く、中国語は一切必要なく英語だけで授業が行われます。 前期の授業は午前だけでしたが、後期は午後からキャンパスを移動しての授業と宿題で忙しい日々でしたね。
 僕は4年で卒業するためにかなりハードな選択をしましたが、単位互換にこだわらなければ、華文学院でみっちりと中国語学習をするという選択もあると思います。 中国の情報通信をテーマにした卒業論文を書く予定だったので、交換留学終了後も資料集めのために秋まで滞在しました。

【曁南大学・本部正門】

【曁南大学・本部正門】

【本部キャンパス図書館】

【本部キャンパス図書館】


【本部キャンパス図書館】

【本部キャンパス講義棟】

【本部キャンパス講義塔】

【曁南大学・華文学院正面】




Q4 現地ではどのようにして友達を作りましたか? また彼らにはどのような印象を持ちましたか?

 本部キャンパスで英語、アニメ・マンガ等いくつかのサークルに入りました。  本部キャンパスのサークルは華文学院に比べて遥かに多くの中国人学生が在籍しています。 英語サークルでは外国に関心のある学生が多く、フレンドリーに興味をもって接してくれましたね。マスコミ報道やインターネット上では反日感情をもつ人が多いというイメージを受けがちですが、僕自身の体験では、英語サークルでパーティーに参加した時、自分が日本人だということがわかると多くの学生が話しかけてくれましたし、困るような事はありませんでした。 中国の大学にはたいていアニメ・マンガサークルがあります。中国の大学生は授業のコマ、宿題ともに多いので、娯楽に割ける時間が一般的な日本の大学生よりも少ないようです。30分や1時間等細切れに空いた時間に見るアニメやドラマ、映画、ゲームなどが手軽に楽しめる娯楽なんだと思いました。
若い人は物質的なものではなくより文化的な面で日本に興味があるように感じました。

学内イベントで出身国の料理を披露しあう

【学内イベントで出身国の料理を披露しあう】

アニメ・漫画サークルのイベントは熱気満々

【アニメ・漫画サークルのイベントは熱気満々】


華文学院の中国語クラスメート達と

【華文学院の中国語クラスメート達】

とびっきりフレンドリーな英語サークルの仲間達

【とびっきりフレンドリーな英語サークルの仲間達】


Q5 中国への留学を考えている県大生へのアドバイスを。

 兵庫県立大学には中国人留学生がたくさんいるので、彼らと交流し、彼らが普段使っているSNS、人気のあるテレビ番組などを知ってはいかがでしょうか。
 共通の興味がもてると、話も弾み、友達が増えます。中国のバラエティー番組なども面白いし、カラオケで中国の歌を歌えるようになるといいと思います。
 また、曁南大学の本部キャンパス(国際学院)には専門科目を英語で学ぶクラスがあるので、中国語と英語、両方学びたい学生にとって、曁南大学は魅力的な留学先だと思います。 ただ、単位認定は所属の学部と互換性のある授業だけなので、留学先での単位互換が必要であれば留学前にキャンパスの学務課にしっかり確認することをおすすめします。

Q6 もうすぐ卒業ですね。卒業後の進路、抱負は?

 台湾の大学院に進学する予定です。
大学院では中国と台湾の貿易協定及び企業買収について研究したいと思っています。経済協定が両国の社会にどの様な影響を与えるのかなどを日本の視点から分析したいです。
 大学院修了後は台湾で現地の企業に就職したいと思っています。その他、香港、中国本土などでもいつか住んで働きたいですね。

 曁南大学での学びを熱く語ってくれた古田君。
 日本とは異なる環境で困難もあったでしょうが、一歩一歩交渉して自分なりに手ごたえのある留学生活をデザインした様子がうかがえまた。また、中国をはじめとする中華圏への幅広い関心の強さを感じました。
 留学のきっかけは様々ですが、留学生との交流を通じて自身も飛び立った学生さんの一例をご紹介しました。
 交換留学に関心のある学生さんは普段からキャンパス学務課の掲示版等で募集チェックしてみてください。

  

ページ先頭へ戻る