学長からのメッセージ

~先導的な特色ある公立大学を目指して~

太田学長

兵庫県立大学は、歴史と伝統を誇る、神戸商科大学、姫路工業大学、兵庫県立看護大学が統合して開学し、13年が経ちました。この春には新たに減災復興政策研究科を開設し、6学部、14研究科、4附置研究所、附属高等学校・中学校を擁する全国トップクラスの公立総合大学です。長い歴史の中で培われてきた伝統と先進的な教育研究環境,総合大学の強みを活かし、兵庫県立大学創基100周年ビジョンに謳う「社会から信頼され評価される、世界水準の大学」を目指し、先導的公立大学として特色ある学風の確立に努めてまいります。

教育では、急激に展開、複雑化するグローバル社会の中で、自らの立ち位置をしっかりと確立して、しなやかな発想と的確な判断ができる人材の育成に努めます。研究では、放射光科学や計算科学を基軸とした最先端の異分野融合型研究の拡大・深化や、ものづくりから先端医工学まで本学の伝統的な強みを活かした研究の推進・高度化に努めます。また、優れた基礎研究の支援方策も検討します。社会貢献では、連携の質の向上と内容に配慮しながら、公立大学のミッションとして、地域文化の向上や地域産業界の発展等に貢献します。

そのために、教職員、学生の魂が前を向くような大学改革に取り組みます。教育の質保証やグローバル人材育成等の教育改革を加速化するほか、経済学部・経営学部の再編によるグローバル化やAI、IoT社会に向けた特色ある対応、入試改革への対応等を進めながら、学問を通して人間的な成長を促す先進的な教育を推進し、明るく、楽しく、活力のあるキャンパスを実現してまいります。

兵庫県立大学学長 太田勲

ピックアップコンテンツ

ページ先頭へ戻る