大学案内 About us

式辞など

平成26年度入学宣誓式 学長式辞

桜の花も満開となりましたこの素晴らしい日に学部1,351名、大学院476名、併せて1,827名の新入生の皆さんを迎え、心から歓迎の意を表したいと思います。
また、ご両親、ご家族の皆様にもお喜び申し上げます。
本日の入学式に際して、大変お忙しい中、井戸兵庫県知事、石堂兵庫県議会議長をはじめ、県会議員の皆様方、多数のご来賓の皆様にご臨席賜りました。厚く御礼申し上げます。

さて新入生の皆さん、皆さんが入られた兵庫県立大学は、神戸商科大学、姫路工業大学、兵庫県立看護大学が平成16年に統合して兵庫県立大学として新たに出発し、今年10周年を迎えます。兵庫県立大学は創立10周年ですが、最も古い神戸高等商業学校から数えると今年が85周年となります。皆さんが入学した今年は創立10周年、創基85周年の記念すべき年ということになります。

今、兵庫県立大学は経済学部、経営学部、看護学部、環境人間学部、工学部、理学部の6つの学部に、13の大学院研究科、自然・環境科学研究所をはじめ、4つの附置研究所、附属天文台、附属高等学校、附属中学校を擁する公立大学としては全国で4番目の規模となる総合大学に発展しております。
また、兵庫県立大学のキャンパスは、神戸、淡路、明石、姫路、播磨科学公園都市へと広がり、研究施設は県下全域にまたがって存在しております。ユニークで特長あるキャンパスと研究施設が皆さんを待っています。このように多くのキャンパスを持つ大学は全国でも極めて珍しく兵庫県立大学の特徴となっています。つまり、兵庫県全域が兵庫県立大学のキャンパスだということもできるのです。

皆さんを迎えるに当たって、申し上げておきたいのは、次のことです。

学部新入生の皆さん、大学ではこれまでの高校までの勉強とは違って自ら学ぶ姿勢がより強く求められます。
大学院に進学される皆さん、これからは自ら専門的な研究を行うんだということを自覚してください。
いずれにせよ、大学の勉強は皆さんの創意工夫がこれまで以上に必要であることを肝に銘じていただきますようお願いします。

一方、皆さんは大学で様々な体験学習、ボランティア活動、あるいはクラブ活動、今日もマンドリンクラブの皆さん方、混声合唱団の皆さん方に演奏していただきました。素晴らしい演奏でした。この場を借りてお礼申し上げます。
このようなクラブ活動を含め、皆さんが様々な経験に挑戦され、社会で必要となる人間力の基礎を培われることをお願いしたいと思います。
これからの4年間で専門的な勉強をするだけではなくて、様々な経験を通して人間力の基礎を培い、将来皆さんが地域を支え、日本を支え、世界で活躍する人材となることを私たちは期待しております。

今年は阪神・淡路大震災から20年目を迎えます。3年前の東日本大震災からの復興のために兵庫県立大学は防災教育センターが中心となって継続的に学生ボランティアの派遣を実施しております。阪神・淡路大震災を経験した兵庫県の大学として東日本大震災の被災地への支援は、兵庫県立大学の責務でもあると考えております。新入生の皆さん、そのような機会があれば被災地支援活動へのご協力をお願いします。

今、兵庫県立大学はグローバル化、地域への貢献、そして教育の質保障を重点目標に大学の改革を進めています。より魅力ある大学教育を実現するために思い切った学部学科の改編にも積極的に取り組みます。
先に述べましたが、今年は兵庫県立大学の創立10周年にあたります。10周年を契機に兵庫県立大学は公立大学のトップランナーとなることを目指します。
兵庫から全国へ、そして世界を目指し、私たちは新入生の皆さんと共にTRY、挑戦を合言葉に前に進みたいと願っております。

皆さんが健康を大切にされ、これからの大学生活を実りあるものとされることを心からお祈りし、私の歓迎の言葉といたします。共に頑張りましょう。

平成26年4月4日
兵庫県立大学学長 清原正義

ピックアップコンテンツ

ページ先頭へ戻る