大学概要

University Report

平成28年5月12日

熊本地震 学生ボランティア第1陣(平成28年4月28日~5月1日)の活動

派遣概要

派遣期間 :平成28年4月28日(木曜日)~ 5月1日(日曜日)
派遣地  :熊本県西原村山西地区、桑鶴地区及び山西小学校避難所
随行教職員:森永速男教授、浦川豪准教授、職員2名の計4名
参加学生 :工学部学生2名、看護学部学生3名、環境人間学部学生2名の計7名
      神戸大学院生(工学研究科)2名
参加者  :総勢13名
   

派遣・活動状況

4月28日
報道取材

午後7時  神戸港をフェリーにて出発
出発前、報道(サンテレビ等)の取材を受ける

4月29日

午前6時半  大分港着、一般道経由で西原村へ
一部国道57号線が通行止めのため迂回(ミルクロード、大津町経由)

午前10時半  西原村ボランティアセンター到着
ボランティア登録後、学生9名及び職員2名は2班に分かれ、山西地区と桑鶴地区で活動(家屋周辺の屋根瓦やブロック塀の片付け、窯や室内の片付けなど)
森永、浦川は西原村及び周辺を車で移動しながら被災状況の調査


片付け作業をする学生
屋根瓦の片付け

注意事項の確認
倒壊した家屋

午後5時  終了、その後菊陽町(車で30分程度)にて入浴 (菊池温泉城ノ井)

午後8時  西原村内のボランティア用テントサイトにてテント設営
毎日放送の取材を受ける

午後9時半  テント内で反省会

午後11時  就寝

4月30日

午前8時半  山西小学校避難所に移動
NPO協力の下で足湯準備、子供向けプラ板準備

 

午前9時半  プラ板開始 のべ20名程度の子どものケア

 

午前10時  足湯開始、入れ替わり立ち代り来られる高齢者に対応

足湯の様子
子供に話しかける学生たち

午前11時半  神戸学院大学(教員2名、学生10名)が合流

 

午後1時から2時頃まで  毎日放送が取材
(5月4日毎日放送「ちちんぷいぷい」にて放送)

 

午後2時前  神戸大学学生グループ11名が合流

 

午後2時15分  神戸学院大学、神戸大学に活動を引き継ぎ
被災地視察後、帰路(大分 港へ移動)

 

午後5時半  大分港着

 

午後7時半  大分港出港

 
5月1日

午前7時半  神戸港帰着後、三宮で解散

      

ピックアップコンテンツ

ページ先頭へ戻る