大学概要

University Report

平成29年3月10日

「望遠鏡で星を見る会」を神戸商科キャンパスで開催

3月4日(土曜日)19時から、みなさんが楽しみにしていた「望遠鏡で星を見る会」が神戸商科キャンパスで開催されました。キャンパスのグラウンドには、県立大学西はりま天文台からやってきた大きな望遠鏡が4台、参加者のみなさんを待っていました。

当日の午前中はうす雲が広がり、星が見えるか心配していましたが、夕方からは雲もなくなり、小さなお子さまから大人まで、約100名の方々が途切れることなく、広い空にまたたく星たちを覗きにきてくれました。

4台の望遠鏡には長い列ができ、月や金星、火星、昴(すばる)たちも、みなさんの期待に応えるように、ひときわ輝いた姿を披露してくれました。

天文台職員の解説を聞きつつ、参加者のみなさんから、「きれい」と言った声や星に関する質問、「次はこの星が見たい」といった要望がどんどんあがり、大盛況でした。神戸商科キャンパスでの「望遠鏡で星を見る会」の開催は初の試みでしたが、おかげさまで大成功!

望遠鏡を覗き込むこども
望遠鏡の中を覗きこむ参加者
会場案内板
会場案内板が参加者を迎えます
天文台職員の解説に耳を傾ける参加者

天文台職員が星を解説
参加者の見たい天体に望遠鏡を調整する天文台職員

参加者のリクエストに応える天文台職員

ピックアップコンテンツ

ページ先頭へ戻る