大学概要

University Report

平成30年1月30日

経済学部2年生の秋吉ゼミ・こめちゃん、アドバイザー特別賞を受賞

神戸市経済観光局農政部農水産課が2012年から毎年主催しているKOBE ”にさんがろく”PROJECTは、2017年度「インバウンド(海外からの観光客)」をテーマに設定し、神戸にある8つの大学から29チームが参加しました。

また、2017年12月12日には参加チームによるアイデア提案会が開催され、本学からは経済学部2年生のチーム「秋吉ゼミ・こめちゃん」が、インバウンド向けの「神戸体験ツアー」を提案し、優秀な作品として「アドバイザー特別賞」を受賞しました。

同プロジェクトは、神戸の業者と学生がチームとなって連携し、神戸産の農水産物を使って新しい商品やサービスの開発を行っており、本年度(2017年度)で6回目となります。
詳細は同プロジェクトのホームページをご覧下さい。

ゼミ指導教員の秋吉教授は、「具体的な活動期間は8月から11月の4カ月間しかなく、業者さんとの日程調整や準備で苦労しますが、学生の積極的な活動を褒めてあげたいです」とコメントし、参加した学生は、「実際にチームで考えて提案したプレツアーも行い、受賞によって努力が報われたこと。農業や商売の大変さ、忙しい業者さんに対する感謝の気持ちでいっぱいになりました」と感想を述べています。

今回はみかんを取り上げましたが、今後、春にはイチゴ、夏にはスイカやモモ、秋にはブドウなど、季節毎の果物を使ったり、和食作りにも広げたいと意欲を見せています。
このツアーのアイデアを商品化してくれる業者さんが見つかればと思っていたところ、前出のアイデア提案会において、淡路のNPOの方から興味を示してもらえた、とのことです。

今回受賞したことにより、ラジオ関西の番組「谷五郎の笑って暮らそう!」に取り上げられて、2018年1月6日に学生と秋吉教授が同番組に出演し、メディアにも注目されました。

(経済学部 秋吉一郎 教授)

ピックアップコンテンツ

ページ先頭へ戻る